市民の皆さまへ(市長メッセージ:緊急事態宣言の延長)【2月3日】

医療従事者の皆さまをはじめ、各事業者、市民の皆さまの一丸となったご理解とご協力のおかげをもちまして、本市における感染確認者数が減少傾向に入りました。改めまして、皆さまに敬意と感謝を厚く申し上げます。
もっとも、府内全体においては重症病床使用率が高く、医療提供体制のひっ迫が続いていることから、大阪府全域を対象に発出されている「緊急事態宣言」が3月7日までの予定で延長されました。
皆さまには重ね重ねのご労苦をおかけしますが、引き続き大阪府からの下記要請事項等へのご協力をお願いします。

不要不急の外出・移動の自粛、特に20時以降の外出自粛の徹底
〇イベントについての要請
屋内の場合、収容率50%以下等
屋外の場合、人と人との距離を十分に確保(できるだけ2メートル)
〇飲食店・遊興施設等に対する協力依頼
20時までの営業時間短縮(ただし酒類提供は19時まで)

これに先立ち、本市では1月13日付けで新型コロナウイルスワクチン接種の準備に係る経費の専決処分を行いました。市民の皆さまに早く安心してワクチンを接種いただく体制づくりと、新型コロナウイルスやその影響のより一層の抑えこみに注力していきます。

なお、接種の時期や場所などの詳細は、国の決定を待ち、広報誌や市ホームページ等で速やかにお知らせします。

大阪モデル「レッドステージ(非常事態)の対応方針に基づく要請」

新型コロナワクチンについて


2月3日 茨木市長 福岡洋一

関連ページ