市民の皆さまへ(市長メッセージ)【11月27日】

市内店舗の皆さまを応援するため、12月1日から一か月間、対象店舗でキャッシュレス決済サービス「PayPay」でお支払いいただくと、会計額の20%が戻ってくる「市内店舗応援キャンペーン」を実施します。
厳しい経営状況が続く市内中小事業者の皆さまの売上回復に加えて、「新しい生活様式」の一環として非接触のスマホ決済の定着をめざしています。事業の趣旨をご理解いただき、キャッシュレス決済の導入と利用へのご協力をお願いいたします。
対象店舗や利用方法等はこちらをご覧ください。
市内店舗応援キャンペーン

一方、受験や就職等を控えた厳しい状況にある皆さまを応援するため、新たに高校3年生等、18・19歳の若者をインフルエンザ予防接種費用の助成対象に追加しました(助成額は上限2,000円)。
新たな上記の支援と、既に実施中の65歳以上の方などを対象とした接種費用の無償化、生後6か月から中学3年生までの子どもの公費助成(1回あたり上限2,000円)のいずれも、12月31日までの接種が助成対象ですのでご留意ください。
高校3年生などを対象としたインフルエンザ予防接種費用助成


11月27日 茨木市長 福岡洋一

関連ページ