性の多様性について

更新日:2022年06月25日

多様な性のあり方

性というと、「男」「女」と生物学的な性をイメージされる方が多いかもしれません。

しかし、性のあり方(セクシュアリティ)は、からだの性(生物学的な性)・こころの性(性自認)・すきになる性(性的指向)・表す性(ジェンダー)の4つの要素の視点から見ると、これらの要素の度合いによって、無数の組み合わせがあります。

セクシュアリティは女性か男性かという2つに分けられるものではなく、人それぞれ、多様なものです。

4つの性

たとえば、「からだは男性だけどこころは女性で、すきになる性別にはこだわりはなくて・・・」というように、性は「男」「女」とはっきり分けられるものではなく、性のあり方は人それぞれ違います。

また、すべての人の性のあり方を表すことばとして、「性的指向(Sexual Orientation)」「性自認(Gender Identity)」の頭文字をとってSOGI(ソジ)といいます。

SOGI(ソジ・ソギ)について

セクシュアルマイノリティとは

女性で女性を、男性で男性を好きになる人や、体と心の性別が異なる人など、たくさんあるセクシュアリティ(性のあり方)のなかで、少数派の人たちのことをセクシュアルマイノリティといいます。

そして、その中で代表的なセクシュアルマイノリティの4つの頭文字をとってLGBTといいます。

LGBTのLはレズビアン(女性を好きになる女性)、Gはゲイ(男性を好きになる男性)、Bはバイセクシャル(女性を好きになることもあれば、男性を好きになることもある人)・Tはトランスジェンダー(出生時に割り当てられた性別と異なる性別を生きる人/生きたい人)を表しています。

LGBTについて

セクシュアルマイノリティの人の割合は、3~10%と言われています。たとえば、左利きの人の割合は約10%です。気が付いていないだけで、あなたの周りにもセクシュアルマイノリティの人はいます

また、LGBT以外のセクシュアルマイノリティもいます。下記は一例で、人それぞれ、いろいろな性のあり方があります。

用語 意味
アセクシュアル 恋愛感情や性的欲求を持たない人
(友達を好きな気持ちや人を大事にする気持ちは別のものです)
クエスチョニング 性自認(自分の性別をどう思うか)や性的指向(すきになる相手の性別)を男性・女性どちらかに決めるのが難しいと感じていたり、決めていない人
パンセクシュアル 男性・女性の性別以外の性別も含め、すべての性別の人が恋愛対象となる人
エックスジェンダー 自分を「男性」とも「女性」とも認識していない人

 

性の多様性を尊重するまちづくり宣言

令和4年7月2日、性の多様性を尊重するまちづくり宣言(LGBTフレンドリー宣言)を行います。

宣言内容は下記リンクからご覧ください。

いばらきにじいろスペース

コミュニティスペース「いばらきにじいろスペース」

令和3年7月より、毎月1回、セクシュアルマイノリティの方や、支援者などがつどえるコミュニティスペースを開催しています。

参加無料、予約不要、途中参加・途中退席可能です。

セクシュアルマイノリティのために活動しているスタッフが運営しています。悩みがある人、話がしたい人、話を聞きたい人、みんなといる空気を楽しみたい人、セクシュアルマイノリティ当事者の人も、そうでない人も、気軽にご参加ください。

開催日程(予定)

開催日 時間 場所
令和4年4月27日(水曜日) 午後6時から8時 男女共生センターローズWAM501
令和4年5月15日(日曜日) 午後6時から8時 男女共生センターローズWAM401・402
令和4年6月9日(木曜日) 午後6時から8時 男女共生センターローズWAM502
令和4年7月21日(木曜日) 午後6時から8時 男女共生センターローズWAM401・402
令和4年8月11日(木曜日・祝日) 午後6時から8時 男女共生センターローズWAM502
令和4年9月30日(金曜日) 午後6時から8時 男女共生センターローズWAM404・405
令和4年10月12日(水曜日) 午後6時から8時 男女共生センターローズWAM502
令和4年11月5日(土曜日) 午後6時から8時 男女共生センターローズWAM404・405
令和4年12月11日(日曜日) 午後6時から8時 男女共生センターローズWAM502
令和5年1月6日(金曜日) 午後6時から8時 男女共生センターローズWAM502
令和5年2月27日(月曜日) 午後6時から8時 男女共生センターローズWAM404・405
令和5年3月20日(月曜日) 午後6時から8時 男女共生センターローズWAM404・405

注意 新型コロナウイルス感染対策のためオンラインでの開催に変更することがあります。

参加にあたってのルール

  1. 他の人の話はさいごまで聞いてから発言しましょう
  2. ここで聞いた話は、相手に確認してから話すようにしましょう
  3. 自分のセクシュアリティについて無理に話す必要はありません
  4. 居心地が悪いなぁと感じたら、席を外してみましょう
  5. お酒を飲んだ人は参加できません
  6. 館内は禁煙です
  7. 連絡先を聞かれて、教えるか迷った時は断りましょう
  8. 営業・勧誘などはご遠慮ください
  9. 研究や調査の目的での参加はご遠慮頂いております
  10. 写真撮影や録音は原則禁止です。ご希望の方はスタッフに相談してください
  11. 何か困ったことがあったらスタッフに相談してください

チラシ

 

いばらきにじいろスペースのチラシ画像

いばらきにじいろ相談

電話相談「いばらきにじいろ相談」

セクシュアルマイノリティ当事者、その家族、学校や職場の関係者、支援者からのご相談を、専門の相談員がお受けします。

毎月第4土曜日、15時から20時まで
電話 080-4668-9510

メール相談 

音声では相談できない人、しづらい人はメール相談もあります。1週間以内に返信します(長期休暇期間は遅れることもあります)。

チラシ

いばらきにじいろ相談のチラシ

そのほかの相談窓口

 市の相談先

相談先 日時 電話番号
豊川 いのち・愛・ゆめセンター 月~土曜日(祝日、12月28日~1月4日を除く) 072-643-1470
沢良宜 いのち・愛・ゆめセンター 月~土曜日(祝日、12月28日~1月4日を除く) 072-635-7667
総持寺 いのち・愛・ゆめセンター  月~土曜日(祝日、12月28日~1月4日を除く) 072-626-5660
男女共生センターローズWAM 月、水~土曜日(祝日、12月28日~1月4日を除く) 10時~16時 072-620-9920
人権センター 月~金曜日(祝日、12月29日~1月3日を除く)9時~17時 072-622-6613

市以外の相談先

相談先 日時 電話番号等
一般財団法人 大阪府人権協会

【平日】月~金曜日 (祝日、12月29日~1月3日を除く)9時30分~17時30分

【夜間】火曜日 (祝日、12月29日~1月3日を除く)17時30分~20時まで

【休日】第4日曜日9時30分~17時30分

06-6581-8634

ファックス(代表)06-6581-8614

【料金】無料

【その他】メール、手紙、面接等の相談も受け付けていますので、詳しくはホームページをご確認下さい。

パートナーシップ宣誓制度

令和4年7月1日より、茨木市でパートナーシップ宣誓制度を始めます。

詳細は下記リンクからご覧ください。

公正証書の作成費補助(茨木市パートナーシップ宣誓制度活用補助金)

令和4年7月1日より、パートナーシップを証明する公正証書の作成費を補助する制度を始めます。

詳細は下記リンクからご覧ください。

私たちができること

見た目では判断できないセクシュアリティの違いの理解不足、周囲の誤解や偏見から、差別やいじめをする人がいるため、ありのままの自分を隠して生活している人もいます。

人はそれぞれ違っていてあたり前です。その違いを多様な個性の一つとして認め合える社会は、誰もが生きやすいと思える社会ではないでしょうか。セクシュアルマイノリティの理解者・支援者(アライと言います。)になるためにあなたが今すぐに実践できることがあります。

  • 差別的な言葉は使わず、ゲイやトランスジェンダー、レズビアンと表現し、セクシュアルマイノリティをからかうような言動はしないようにしましょう。
  • 本人の承諾なく、その人のセクシュアリティを他の人に教えるのはやめましょう。
  • セクシュアルマイノリティを多様な個性の一つとして理解を深め、ありのまま自由に過ごせるよう、あなた自身が人の違いを尊重する姿勢を大切にしましょう。 

啓発リーフレット

茨木市では、性の多様性に関する啓発リーフレット「だれもがありのままの自分でいられるいばらきへ」を作成しました。
茨木市内の公共施設や市役所本館2階人権・男女共生課で配布しており、下記からもダウンロードしてご覧いただけます。多様な性について考える機会として活用いただければ幸いです。

掲載内容

  • 性のあり方について
  • LGBTQってなに?
  • セクシュアルマイノリティの当事者がこまること
  • カミングアウト、アウティングについて
  • 性のあり方に関するみんなの声
  • アライ(ALLY)へのチェックリスト
リーフレット「だれもがありのままの自分でいられるいばらきへ」の表紙

性の多様性に関するQ&A

この記事に関するお問い合わせ先
茨木市  市民文化部 人権・男女共生課
〒567-8505
大阪府茨木市駅前三丁目8番13号 茨木市役所本館2階(10-2窓口)
電話:072-620-1640 
ファックス:072-620-1725
E-mail jinken@city.ibaraki.lg.jp
人権・男女共生課のメールフォームはこちらから