茨木市緑の基本計画

「茨木市緑の基本計画」は緑のまちづくりを進めていく際の目標と、その実現のための取組等を取りまとめた計画です。

本計画では、緑の将来像として「人持ちで 緑を育て 緑が育む ほっといばらき」をメインテーマに掲げ、その実現に向けて

・ 市民の生活や様々な都市活動の中で身近な緑を活かしましょう
・ 市民の緑への関心を高めるとともに、多様な主体が緑のまちづくりに関わるようにしましょう
・ 市民の共有の財産として質の高い緑を守り育て、次世代に継承しましょう

の3つの基本方針に基づき取組を定めています。

現行の計画は平成28年(2016年)度3月に策定し、目標年度を令和7年(2025年)度としていますが、計画の進捗を確認し実効性を高めるため、策定から5年を経過した令和3年(2021年)度に中間見直しを行いました。

今回の見直しでは、緑の基本計画の基本的な方針・目標は維持しつつ、各取組における5年間の結果をもとに修正するとともに、新たな社会の動きや重点的な取り組みの進展を反映しています。

本市では、本計画に基づき事業者や市民の皆様と協働で緑のまちづくりの取組を進めていきたいと考えています。