切替新規申請

切替新規申請できる条件

有効なパスポートはあるが新しいパスポートに切り替えを希望で、

  • 有効期間が1年未満になった場合

  • パスポートが損傷した場合

  • IC旅券でない旅券からIC旅券に切り替える場合

  • IC旅券のICが故障し、新たなIC旅券の発給を受ける場合(ICが故障しても有効期間内は使用できます)

  • 査証欄の余白が少なくなった場合
    注 新しく作り直す「切替新規」と、お持ちのパスポートに査証欄だけを増やす「増補」の二通りの方法があります。

申請にあたって

  • 申請者ご本人に代わって代理人が、申請書類等を提出することができます。
  • 未成年者が申請する場合は、申請書裏面の「法定代理人署名」欄に親権者の自筆署名が必要です。
    また、申請書表面の「所持人自署」欄は、申請者が小学生以上の場合、申請者ご本人が署名してください。(ひらがなでも結構です。)

注 有効なパスポートが損傷(汚れたり、破れたり、水に濡れたなど)した場合は、代理人による手続きはできませんので、申請者ご本人がお越しください。
注 パスポートの残存期間は、新しいパスポートに繰り越さず失効します。

必要なもの

  • 一般旅券発給申請書・・・1通
    • 申請日に満20歳以上の人は、10年用と5年用のどちらかを選択して申請できます。
    • 申請日に満20歳未満の人は、5年用のみ申請できます。
      注 満年齢は誕生日の前日に1歳加算されます
      注 申請書は機械で読み取りますので、折ったり汚したりしないでください。
    • 平成30年10月1日から、ダウンロード申請書が使用可能となりました。
       

証明写真・・・1枚(申請書に貼らずにお持ちください

  • 縦4.5センチメートル・横3.5センチメートル、頭の先から顎の先まで3.4センチメートル±0.2センチメートル
  • 申請者本人のみが撮影されたもの
  • 申請前6か月以内に撮影されたもの
  • 無帽で正面を向いたもの
  • 無背景、影のないもの 
  • カラーでも白黒でも可
  • 有効なパスポート
    • パスポートは無効処理をした上で、新しいパスポートを交付するときにお返しいたします。
    • 返納されたパスポートの残存有効期間は切り捨てになり、旅券番号も変わります。

       
  • その他の必要書類
    • 氏名、本籍地の都道府県が変更された場合は、戸籍謄(抄)本(6か月以内に発行されたもの)が必要です。氏名、本籍地の都道府県に変更が無い場合は省略できます。
    • パスポートを細かく裁断した場合やパスポートの身分事項や写真などが判別できないほどの損傷の場合は、戸籍謄(抄)本(6か月以内に発行されたもの)、事情説明書(パスポートセンター窓口で交付)、本人確認書類が必要です。

注 住民票の写しは、居所申請など特別な場合を除き不要です。ただし、申請窓口での住民登録の検索を希望しない場合は住民票の写し(6か月以内に発行されたもの) をお持ちください。

 

パスポートセンターお問い合わせ先
茨木市役所本館1階 5-2窓口
電話:072-620-1618(直通)
メールでのお問い合わせは、ページ下部の市民課のメールフォームよりお願いします。

この記事に関するお問い合わせ先
茨木市 市民文化部 市民課
〒567-8505
大阪府茨木市駅前三丁目8番13号
茨木市役所本館1階(1~5番-1・2窓口)
電話:072-620-1621 
E-mail shimin@city.ibaraki.lg.jp
市民課のメールフォームはこちらから