東日本大震災による被災者の予防接種、健康診査、がん検診等の保健サービスについて

更新日:2021年12月15日

被災者の対象要件について

各事業について、申請及び申込み時に、被災状況や避難理由等の聞き取り調査を行ったうえ、決定します。なお、被災地から転居後6か月以内の対応となります。

こどもの公的(定期)予防接種について

予防接種については、被災の有無を問わず他市町村と同様の取扱いとなるため、対象要件の期限はありません。

被災自治体に、茨木市長宛の依頼書の発行を請求し、依頼書を持って直接茨木市委託医療機関で希望する予防接種(ロタ・ヒブ(Hib)・小児用肺炎球菌・4種混合・3種混合・2種混合・ポリオ・麻しん・風しん・日本脳炎・子宮頸がん(HPV))を接種してください。

BCGは、茨木市こども健康センターで実施します。ご予約のうえ、依頼書を持参し接種してください。(平成25年12月から、一部の委託医療機関でも接種が可能になりました。詳しくは、茨木市こども健康センターまでお問い合わせください。)

 

お問い合わせ
茨木市こども育成部子育て支援課(こども健康センター)
電話:072-621-5901

妊婦・乳児健康診査などについて

健康診査

妊婦健康診査・乳児一般健康診査・乳児後期健康診査

手続き等

1 本人・保護者等が、子育て支援課(こども健康センター)で申請してください。
2 該当の「受診券」または「受診票」を交付します。
3 委託医療機関に提出し、受診してください。

集団健診は、申請により、こども健康センターで実施します。

保健指導

1 母子健康手帳の交付は、申請により、こども健康センターで発行します。
2 こども健康センターで実施している両親教室等は、市民と同様に参加できます。
3 保健師等の家庭訪問は、保護者等から子育て支援課(こども健康センター)へ依頼があれば、対応します。

お問い合わせ
茨木市こども育成部子育て支援課(こども健康センター)
電話:072-621-5901