自立支援医療(更生医療)

更新日:2021年12月15日

18歳以上の障害者のかたが、日常生活により適合するため、身体の機能障害を軽減・改善することを目的として、指定の医療機関で手術や治療を受ける場合に、必要な医療費を助成しています。

対象となる医療の例

人工関節置換術、関節形成術、人工透析療養、ペースメーカー埋め込み術 など。

対象者

医療を受けようとする内容に関する障害があり、身体障害者手帳の交付を受けているかた。

申請に必要なもの


申請書、同意書兼世帯状況申出書、更生医療意見書および明細書、健康保険証、個人番号カード(または個人番号が記載された住民票の写し)。

人工透析が必要な慢性腎不全等のかたは、特定疾病療養受領証が必要です(生活保護のかたは不要です)。

入院等で高額の治療を受けるかたは、限度額適用認定証が必要です(70歳以上で課税世帯のかたは不要の場合があります。生活保護のかたは不要です)。

 

※原則として治療を受ける前にご申請ください。

指定自立支援医療機関

大阪府の自立支援医療ページ内に、指定自立支援医療機関一覧がございます。

この記事に関するお問い合わせ先


茨木市 福祉部 障害福祉課
〒567-8505
大阪府茨木市駅前三丁目8番13号
茨木市役所南館2階(17番窓口)
電話:072-620-1636
ファックス:072-627-1692 
E-mail syogaifukushi@city.ibaraki.lg.jp
障害福祉課のメールフォームはこちらから