6月30日 茨木から世界へ!生卵スプーンリレーでギネス世界記録に挑戦

スプーンリレーの様子
ギネス世界記録達成の様子

30日、茨木阪急本通商店街で、生卵スプーンリレーのギネス世界記録®への挑戦が行われました。本事業は、昨年発生した大阪北部地震復興事業の一環として、市民や商店街の方々がスプーンリレーを通じて結束力を高め、地域の活性化につなげることを目的に、一般社団法人茨木青年会議所が主催で開催されました。

この日までの生卵スプーンリレーの公式記録は岡山県美咲町の353人。これに対して、商店街には394人もの参加者が集まり、会場は記録更新の期待感と熱気に包まれていました。午後3時から、スプーンリレーがスタート。「手の震えが止まらない!」「すごくワクワクする」と、参加者は緊張しつつも楽しみながら、片手で慎重に卵のバトンをつないでいきました。結果は、見事一回目の挑戦でギネス世界記録を達成しました。

参加者は「自分の番が終盤だったのでプレッシャーがかかって緊張したが、うまく次の人につなげてよかった。多くの人が協力して達成するギネス世界記録は大きな達成感がありますね」と充実した表情で話しました。