11月10日・11日 北幼稚園で太田・北陵中学校の生徒が福祉体験

園児たちと砂場で遊ぶ中学生
園児とかけっこをする中学生

10日・11日、太田中学校と北陵中学校の生徒計10人が、北幼稚園で福祉体験を行いました。

福祉体験は、幼稚園や保育所などの教育施設、高齢者や障がい者の福祉施設で職業体験をすることで小さな子どもやお年寄り、障がい者と交流し、相手の立場を考える大切さを学ぶために行われています。また、この取り組みを通じて仲間を大切にすることを学ぶ機会にもしています。

当日、中学生と園児たちは、一緒にコマを使って遊んだり、砂場で山をつくったり、かけっこをしたりと元気いっぱい遊びました。園児は「コマの使い方を教えてくれてうれしかった」「お兄ちゃんお姉ちゃんたちと一緒にいろんな遊びができて楽しかった」と満足した様子でした。中学生は「外で走り回る園児たちについていくのはたいへんでしたが、楽しんでくれていたようでよかったです。子どもと長くふれあう時間はあまりないので良い経験になりました」と充実した時間を過ごした様子でした。