4月19日 熊本地震被災地へ消防職員を派遣

茨木市消防職員が被災地へ出発の様子の写真
被災地へ派遣される消防職員の写真

19日、茨木市では、消防本部が熊本地震の被災地へ消防職員を派遣しました。今回、市として被災地に消防職員を派遣するのは2回目です。

今日派遣するのは、救助隊5名、救急隊3名。

派遣にあたり、同日午後1時30分から消防本部で実施した出発式で、派遣隊員は「助けを求めている方がたくさんいらっしゃいます。その方々を1分でもはやく助けたい。」と決意を述べました。

この後、8人の隊員は、大阪南港からフェリーで別府市に到着後、陸路で熊本県へ向かい、被災地で救助活動などを行います。