2月3日 わがまま鬼、寒がり鬼をやっつけよう 沢池幼稚園で豆まき

豆まきを楽しむ園児たちの写真

2月3日、沢池幼稚園で園児たちが節分について話を聞きました。園児たちは、折り紙で豆を入れるための入れ物を作り、先生から節分についての絵本を読んでもらいました。「鬼は外!福は内!」と豆を投げるのは、“泣き虫鬼やわがまま鬼、話を聞かない鬼など、自分の心の中の鬼を追い出すため“と教えてもらうと、「私は寒がり鬼をやっつけたいな」「僕はごはんを残しちゃう鬼をやっつける」などそれぞれ追い出したい鬼に考えをめぐらせました。そのあと、先生が豆を煎ってくれると、園児たちは、「いい匂い」と嬉しそうに、「今年も健康に過ごせますように」との願いを込め、自分の年齢プラス1粒の豆を食べました。

豆を味わった後は、園庭に出ていよいよ豆まきの時間。いざ豆をまこうとしたところに、赤鬼が登場。赤鬼に向かって、「鬼は外!」と言いながら豆を投げる子どもや怖がって泣き出す子ども、逃げ回る子どもなどで園庭は一挙ににぎやかになりました。途中からは青鬼も登場し、園児らは大はしゃぎで豆まきを楽しみました。最後に鬼は園児たちに豆を投げられて降参し、園児たちは「やった!鬼を退治したよ」と嬉しそうな笑顔に戻りました。