10月11日 僕のおいもが一番大きいよ 清溪小学校でさつまいも掘り

芋ほりをする児童たちの写真
おいもをたくさん収穫した児童たちの写真

11日、清溪小学校(大字泉原857)の全児童15人が、小学校のさつまいも畑で、いも掘りを楽しみました。

清溪小学校では、小学校周辺の豊かな自然の中で異学年の集団行動をすることにより児童たちの交流や自然に対する知識を深めようと、生活や総合などの授業の一環で毎週火曜日に「清溪広場」が実施されています。さつまいも掘りはその授業の中で行われ、5月にいもの苗を植え今回の収穫となりました。

児童たちは、紅あずまと鳴門金時の畑で、手やスコップで土を掘り、いもを掘り出すと「大きいおいもがとれた」「僕のおいもが一番大きいよ」と声をあげ、いもの大きさを比べていました。

掘ったいもは11月に開催される焼いも大会で、秋の味覚を味わう予定になっています。

いも掘りを終えた児童は、「大きいのがたくさん取れてうれしい」「はやく焼いもにして食べたい」などと、友だちと収穫したいもを見せながら、秋の収穫を楽しんでいました。