8月21日 アジの三枚おろしに挑戦 夏休み子どもクッキングを開催

アジをさばく小学生と講師
タコを触る小学生
タイのさばき方の実演

21日、市保健医療センターで「夏休み子どもクッキング~魚をさばいてみよう~」を開催し、市内の小学4~6年生19人と保護者7人の計26人が参加しました。

まず、大阪府中央卸売市場から招いた講師が、タイやアジ、イカのさばき方の実演と指導をしました。子どもたちは真剣な眼差しで実演を見つめていました。

その後、子どもたちは5班に分かれ、卸売市場の講師や梅花女子大学食文化学科の学生、市健康づくり推進員ボランティアのサポートのもと、順番にアジやイカを調理。子どもたちはアジを三枚におろすのに苦戦していましたが、楽しそうに時間を過ごしました。また、サワガニ、ひらめ、うなぎ、タコ、えびなど生きた魚たちと触れ合う時間もあり、生きたタコをさわった子どもたちは、「めっちゃぬるぬるする」と驚いていました。

さばいたアジは南蛮漬けに、イカは塩焼きに調理し、みんなでおいしく試食をしました。