7月10日 穂積小学校でごみや環境についての出前授業を実施

授業中の様子の画像
カルタ取りをする児童らの画像

10日、穂積小学校の4年生88人が環境教育ボランティアによる、出前授業を受けました。

同小学校では、4年生に環境学習を行っており、1学期は水とごみについて学びます。今回の出前授業はその一環で、今までに学習した内容を自分たちの生活に活かしていくことをねらいに行われました。

まず最初に、環境ボランティアによる「もったいない」、「ごみをポイ」の絵本の読み聞かせがありました。児童らはクイズを交えた、環境や分別についての絵本の内容を真剣に聞いていました。その後、児童らは環境にやさしい行動を示した「エコカルタ」でカルタ取りを行い、「やった取れたよ」と大はしゃぎでした。最後に、環境にやさしい行動をとる内容の「赤とんぼ」の替え歌を全員で歌い、楽しくエコについて学びました。

授業後、児童は、「カルタがとっても楽しかった。自分たちができる環境にやさしいことをもっとしていきたい」と話していました。