2月17日 高瀬川沿いを色鮮やかに 水尾小5年生が花を植え付け

 17日、市立水尾小学校で、地域に流れる高瀬川の景観を美化しようと、5年生児童110人による花の植え付けが行われました。

 これは、水尾小学校のPTA等地域の人々が中心となり、同校が力を入れている環境学習の一環として毎年行っているもの。2か月に1回、学年ごとに植え替えを行うので、5年生にとって植え付けは5回目になります。

この日植え付けたのは、色鮮やかなパンジー。最初に苗の種類や植え方の説明を受けた児童らは、高瀬川沿いのプランターに、4人1組で手分けして3株ずつ植え、最後にペットボトルにくんだ水をやって植え付けを終えました。植え付けを済ませた児童は、「お花を植えるのは楽しい。これからは、放課後に、自分の植えたパンジーを見に来たいです」と話しました。
 

花の植え付けをする児童ら
花の植え付けをする児童ら