1月14日 ダブルダッチ世界大会で優勝した追手門学院大学のチームが表敬訪問

演技披露の様子
演技披露の様子
記念撮影の様子

1月14日、ニューヨークで開催されたダブルダッチ世界大会「第22回DOUBLE DUTCH HOLIDAY CLASSIC」で優勝した、追手門学院大学ダブルダッチサークルDUTCHER'S616のチームNeighbor Hoodの選手たちが優勝の報告のため表敬訪問し、世界が認めた華麗な演技を木本市長の前で披露しました。

選手たちは「世界大会での優勝はすばらしい仲間に恵まれたからです。これからも仲間を大切にしたいと思います」と語り、木本市長は「茨木市から世界チャンピオンができたことは誇らしいこと。機会があればもっと多くの市民の前で演技を披露してほしい」と話しました。