11月15日 孫・子・老(まごころ)フェスタが開催

作品展示の様子

15日、クリエイトセンターで「いばらき孫(まご)・子(こ)・老(ろ)ふれ愛フェスタ」が開催されました。
11月11日の「介護の日」にちなみ、茨木市高齢者サービス事業所連絡会は、介護を身近なものとしてとらえてもらうとともに、介護サービス利用者や家族等を支援し、交流を促進するため毎年行われています。
「平穏死を考える~口から食べられなくなったらどうしますか~」をテーマとした講演会をはじめ、認知症や防災に関する情報を提供する情報提供コーナーや、介護やリハビリ、暮らし全般のことが相談できる生活相談コーナーのほか、介護サービス利用者の作品が展示されました。参加者は色とりどりの作品に目を細めて喜んでいました。