4月25日 「みいつけた!」福井幼稚園児たちがたけのこ掘り

たけのこ掘りをする園児と地域の人を撮影した画像
たけのこ掘りをする園児たちを撮影した画像
園児たちがたけのを探している様子を撮影した画像

25日、福井幼稚園の園児ら31人が、地域住民の協力のもと、近隣の竹林でたけのこ掘りを楽しみました。

福井幼稚園は市の北部に位置し、山などの自然が周りに多くあります。川野園長は、「自然とふれあうのは、子供たちにとって貴重な体験です。友達と協力して掘り出したり、地域の人に元気よくあいさつや感謝をしたりと、ひとつの活動から多くのことが学べます。日常生活の中で実体験が少なくなってきているからこそ、こうした活動は大切にしていきたいです。」と話しました。

今年はたけのこが豊作で、例年より1本1本が大きくて太いのが特徴です。園児たちは落ち葉に覆われた地面から、土に埋まったたけのこを次々に見つけ出し、友達と力を合わせて掘り出していました。

掘ったたけのこは園に持ち帰り、翌日調理して、みんなで味見をします。「今日のことを家で話すのが楽しみ」「早くたけのこを食べたい」と、園児たちは興奮気味に話していました。