悪徳商法にご注意ください

悪徳商法のイラスト

水道に関する悪徳商法が多発しています。
浄水器の訪問販売や水道管の洗浄に関するトラブル、苦情が寄せられています。

事例1

「水道部から依頼されて、水質検査に来ました。」といって各家庭を訪問し、塩素に反応する試薬を使い、水道水に有害な物質が含まれているかのように説明し、高額な浄水器の購入を勧めるという悪質な訪問販売が見受けられます。

注釈:水道水には、滅菌用の塩素が適量含まれております。
このため、水道水に特定の試薬を入れると残留塩素と反応し発色しますが、これは、水道水が安全であることを示すものです。

事例2

「水道管の検査をさせてください」と言って上がりこみ水周りを点検した後、「このままでは水道管が詰まり水の出が悪くなりますので洗浄作業を行いましょう。今なら安くできます。」と言葉巧みに勧誘します。

注釈:水道管の洗浄は必要ありません
水道管(給水管)は常に水が流れているため、普段使っている分には詰まることはなく、特に洗浄等の作業は必要ありません。また、水道部が洗浄を勧めることはありません。

怪しいなと思ったら
悪質な業者は、しばしば水道部職員を装い、お客様を信用させようとします。水道部職員がお客様の依頼なしに訪問による水質検査や浄水器の販売・斡旋、水道管の検査を行うことはありません。怪しいと思ったら身分証の提示を求めてください。訪問業者の言葉をうのみにせず不審に思ったら水道部まで問い合せください。

この記事に関するお問い合わせ先
茨木市 水道部 工務課
〒567-0888
大阪府茨木市駅前四丁目7番55号 福祉文化会館内
電話:072-620-1692
水道部ファックス:072-623-1918
E-mail suidokomu@city.ibaraki.lg.jp
水道部工務課のメールフォームはこちらから