住宅用地の特例措置とは何ですか。

更新日:2021年12月15日

 住宅用地は、その税負担を特に軽減する必要から、その面積の広さによって、小規模住宅用地と一般住宅用地に分けて特例措置が適用されます。(住宅用地は、敷地の用に供されている土地のうち、家屋の床面積の10倍を限度とします。)

 

 ・小規模住宅用地

 200平方メートル以下の住宅用地(200平方メートルを超える場合は住宅1戸あたり200平方メートルまでの部分)

 課税標準額は固定資産税で価格の6分の1、都市計画税で価格の3分の1

 ・一般住宅用地

 小規模住宅用地以外の住宅用地

 課税標準額は固定資産税で価格の3分の1、都市計画税で価格の3分の2

この記事に関するお問い合わせ先
茨木市 総務部 資産税課
〒567-8505
大阪府茨木市駅前三丁目8番13号
茨木市役所本館2階(11番窓口)
電話:072-620-1615 
E-mail shisanzei@city.ibaraki.lg.jp
資産税課のメールフォームはこちらから