火葬証明書・分骨証明書・改葬許可証について

更新日:2021年12月15日

納骨に必要な書類について

墓地(霊園)などへ納骨をする際には、納骨先へ「埋火葬許可証」の提出が必要です。

埋火葬許可証は、役所へ死亡届を提出することで交付されます。埋火葬許可証を火葬場に提出すると、火葬を執行したという印が押され、遺骨と一緒に受け取ることができます。

しかしながら、下記のような場合には、それぞれ納骨先へ提出する書類が異なってきます。

埋火葬許可証を紛失した場合

納骨先へ、火葬したことを証明する「火葬証明書」と、再発行した「埋火葬許可証」の2種類の書類の提出が必要です。申請方法は下記のとおりです。

  1. 「火葬証明書」を実際に火葬した火葬場のある市区町村で発行してもらう。
  2. 発行された火葬証明書を、死亡届を提出した市区町村に持参し、「埋火葬許可証」の再発行をしてもらう。

墓地によっては、火葬証明書の提出のみで納骨ができる場合もあります。詳しくは納骨先に直接お問い合わせください。

茨木市では、埋火葬許可証の再発行の申請ができるのは当該死亡届の届出人となります。届出人以外の方が申請される場合は届出人からの委任状が必要になります。死亡届の届出人がすでに死亡しているなどの場合、委任状の提出が不要となる場合がありますので、その際はお問い合わせください。

遺骨を分骨して納骨する場合

火葬後の焼骨を複数に分けて墓地等に納骨することを分骨といいます。分骨した焼骨を納骨する際には分骨証明書が必要となります。


納骨をする前の焼骨を分骨する場合には、火葬した火葬場のある市区町村で発行をします。
 納骨をした後に分骨をする場合には、現在埋蔵している墓地等の管理者が発行をします。

現在の墓地等から別の墓地等へ全ての遺骨を移す場合

ひとつの墓地から他の墓地へ焼骨の全てを移すことを改葬といいます。
 改葬をするためには、新たな納骨先へ「改葬許可証」の提出が必要です。

現在埋蔵している墓地等で、埋蔵・収蔵証明書をもらったうえで、現在の墓地等がある市区町村へ申請をすることで改葬許可証が発行されます。

なお、埋蔵・収蔵証明書については、現在埋蔵している墓地等で事前にご相談ください。

申請方法について


火葬許可証、分骨証明書、改葬許可証の申請については、上記の申請書に記入・押印のうえ、茨木市役所本館1階市民課5-1窓口へ提出してください。

必要な持ち物
・申請書
・印鑑(自署の場合は不要)
・申請者の身分証明書(免許証、保険証など)
・申請者と死亡者との続柄がわかる公的書類(戸籍謄本など)

費用について
火葬証明書 300円
 埋火葬許可証の再発行 300円
 (火葬証明書と埋火葬許可証の再発行を同時に茨木市で申請される場合は300円)
 分骨証明書 300円
 改葬許可証 無料

郵送で申請をされる場合
・申請書
・申請者の身分証明書のコピー
・申請者と死亡者との続柄がわかる公的書類(戸籍謄本など)のコピー
・定額小為替(郵便局で必要分購入してください)
・返信用の封筒と切手
を同封のうえ下記までお送りください。

〒567-8505
大阪府茨木市駅前三丁目8番13号
 市民文化部 市民課 管理係

※火葬証明書等の発行は、原則、即日ではなく、後日の発行になりますので、手続きは余裕をもって行ってください。

この記事に関するお問い合わせ先

茨木市 市民文化部 市民課(管理係)
〒567-8505
大阪府茨木市駅前三丁目8番13号
茨木市役所本館1階(1~5番-1・2窓口)
電話:072-620-1645 
E-mail shimin@city.ibaraki.lg.jp
市民課のメールフォームはこちらから