人権啓発DVDの紹介

更新日:2021年12月15日

茨木市では、学校や職場、各地域で人権学習を行う際の一助になるように、多数の啓発DVDを用意しています。貸出を希望される方は、人権・男女共生課までご連絡ください。

 

 

ご利用にあたっての注意事項

1.貸出手続きについて

  1.  啓発DVDの貸出を希望される方は、事前に希望する作品が貸出可能かどうか(貸出中の場合があります)電話で確認してください(電話072-622-6613)。下記に啓発DVDの一覧を添付しています。詳しい内容につきましてはお問い合わせ下さい。(他のビデオもあります。)
  2.  貸出可能な場合は、啓発DVD借用申込書に必要事項を記入の上、お手数ですが茨木市役所合同庁舎(中条図書館)6階人権・男女共生課啓発係の窓口までご持参ください。

 

2.貸出期間について

    貸出期間は原則として1週間としますが、その期間を超えて貸し出しを希望される場合もご相談ください。

 

3.貸出本数について

    貸出本数は原則として3本以内としますが、それを超えての貸し出しまたは試写をご希望の方はご相談ください。

新着情報

◎被爆体験の語り部が伝えるもの

ジャンル:平和

茨木市原爆被害者の会の語り部が自らの被爆体験を語っています。未来のある若い世代に語り継いで行きたい。できれば生の声を子どもたちに聞いて欲しい。語り部自身の時間はあまり残されていない中で一人でも多くの子どもたちに記憶を伝えたい。・・・語り部の生の声を聞いてください。(時間38分)

 

◎わたしらしく あなたらしく

~多様な性を生きる~

ジャンル:LGBT

映像で取り上げた「一橋大学アウティング事件」は2015年6月、一橋大学法科大学院の男子学生が同級生約10名によるグループLINE(ライン)に同性愛者だと書き込まれたことで心身に不調をきたし、同年8月、校舎から転落死した事件です。この事件を通して誰もが生きやすい社会について考えてみましょう。(時間38分)

 

 

この記事に関するお問い合わせ先
茨木市 市民文化部 人権・男女共生課
〒567-0885
大阪府茨木市東中条町2番13号 合同庁舎6階
電話:072-622-6613
ファックス:072-622-6868
E-mail jinken@city.ibaraki.lg.jp
人権・男女共生課のメールフォームはこちらから