人権啓発ビデオ・DVDの紹介

茨木市では、学校や職場、各地域で人権学習を行う際の一助になるように、多数の啓発ビデオ・DVDを用意しています。貸出を希望される方は、人権・男女共生課までご連絡ください。

ご利用にあたっての注意事項

1.貸出手続きについて

  1.  啓発ビデオ・DVDの貸出を希望される方は、事前に希望する作品が貸出可能かどうか(貸出中の場合があります)電話で確認してください(電話072-622-6613)。下記に啓発ビデオ・DVDの一覧を添付しています。詳しい内容につきましてはお問い合わせ下さい。
  2.  貸出可能な場合は、啓発ビデオ・DVD借用申込書に必要事項を記入の上、お手数ですが茨木市役所合同庁舎(中条図書館)6階人権・男女共生課啓発係の窓口までご持参ください。

 

2.貸出期間について

    貸出期間は原則として1週間としますが、その期間を超えて貸し出しを希望される場合もご相談ください。

 

3.貸出本数について

    貸出本数は原則として3本以内としますが、それを超えての貸し出しまたは試写をご希望の方はご相談ください。

新着情報

◎気づいて一歩ふみだすための人権シリーズ5

お互いの本当が伝わる時 ~障害者~

雇用分野に関して改正障害者雇用促進法が、雇用以外の分野に関して障害者差別解消法がそれぞれ施行され、事業者・事業主に対して、障害者に対する「不当な差別的取扱いの禁止」と「合理的配慮の提供義務」が定められました。しかしながら、障害のある人に対する差別は解消されたとは言えず、また自分が意図せずとも相手を傷つけているケースも少なくありません。「障害のある人をどう手助けすればいいのかわからない」という声をよく耳にします。この作品では障害のある人が、どんな場面で困っているのか、どんな「バリア」があるのかなどの具体例を挙げ、それをどう取り除いていけばいいのか、また障害のある人から発信することの重要性も示しています。「障害のあるなしに関わらず皆で共生していくためにはどうすればいいのか」を考える一助となれば幸いです。(時間24分)

 

◎障害のある人と人権

~誰もが住みよい社会をつくるために~

障害のある人もない人も誰もが住みよい社会をつくるためにはどうしたらよいのでしょうか? このDVDでは、障害のある人が直面する人権問題や心のバリアフリーの実現に向けた取組などを紹介し、「障害のある人と人権」について考えて行きます。(時間32分)

 

 

この記事に関するお問い合わせ先
茨木市 市民文化部 人権・男女共生課
〒567-0885
大阪府茨木市東中条町2番13号 合同庁舎6階
電話:072-622-6613
ファックス:072-622-6868
E-mail jinken@city.ibaraki.lg.jp
人権・男女共生課のメールフォームはこちらから