11月25日から12月1日は犯罪被害者週間です

  様々な犯罪が後を絶たず、ある日突然、何の落ち度もないのに、犯罪に巻き込まれ、命を落としたり、傷害を負ってしまうことがあります。
   犯罪による被害とは、犯罪そのものによって心や身体が傷つくだけではありません。被害者、その御家族、御遺族は、その後の生活の中でもさまざまな困難に直面しています。周囲の方が、犯罪被害者等のこうした状況や気持ちをよく理解しないまま、被害者を更に傷つけ、追いつめてしまうこともあります。

  また、 犯罪被害者等が置かれた状況などを理解し、ともに支え合い、だれもが安心して暮らせる社会の実現をめざし、11月25日から12月1日を「犯罪被害者週間」と定めています。警察では、各種の相談窓口を設け、被害者からのさまざまな問題に応じていますのでご相談ください。

犯罪被害はいつ誰に起こるかわかりません
大切な家族や友人が犯罪被害にあったとしたら
犯罪被害を受けた方の気持ちに寄り添い
あなたのあたたかな言葉を伝えてみませんか

平成29年度標語

あたたかさ 伝わる言葉 あなたから

この記事に関するお問い合わせ先
茨木市  市民文化部 人権・男女共生課
〒567-8505
大阪府茨木市駅前三丁目8番13号 茨木市役所本館2階(10-2窓口)
電話:072-620-1640 
ファックス:072-620-1725
E-mail jinken@city.ibaraki.lg.jp
人権・男女共生課のメールフォームはこちらから