再就職支援助成金制度【令和2年度に拡充しました】

失業中の市民の方等が、就職のために指定の講座を受講された場合、受講費用の一部を助成する再就職支援助成金を設けていますので、ご利用ください。

令和2年度には、対象者として非正規労働者の方を追加し、また国の教育訓練給付金の対象外の方には既存の助成金額に当該給付金相当額を加算するなど、助成金の拡充を行いました。

この助成金制度を利用できるのは1人1回限りですのでご注意ください。

対象となる方

次のいずれにも該当する方

1.雇用保険法(昭和49年法律第116号)第60条の2第1項に規定する教育訓練給付金の対象講座を修了した方

2.受講を開始した日からこの助成金を申請する日まで、茨木市に住民登録のある65歳未満の方

3.(1)受講を開始した日から修了した日までの間、就職せず、かつ、仕事があればすぐ就職することができた方、または(2)受講を開始した日から修了した日までの間に、非正規労働者であった期間があり、かつ、正規労働者であった期間がない方

4.(1)現に就職しておらず、ハローワークに求職登録をしており、かつ、求職活動をしている方、または(2)現に就職しており、受講を開始した日から修了した日までの間、求職活動をしていた方、または安定就労をめざす方

5.過去にこの助成金を受けていない方

6.市税の滞納がない方

7.この助成金と同一の対象経費に対して、市から他に助成を受けていない方

※太字は令和2年度拡充部分

助成金の額

助成対象講座の受講料(入学金および教材費は除く)の50パーセント (上限5万円)

※ただし、国の教育訓練給付金の支給対象外の方については、国の教育訓練給付金相当額を加算します。

複数の講座を受講されている場合は、一つの講座の受講料のみが対象となります。

申請期間

助成対象講座を修了した日から3か月以内

※ただし、上記「対象となる方」3(2)で、令和2年4月1日から6月30日までの間に教育訓練を修了した場合、同年9月30日まで申請可。

申請に必要なもの

  1. 茨木市再就職支援助成金交付申請書(様式第1号)
  2. 茨木市再就職支援助成金交付要件確認申告書(様式第2号)
  3. 住民票の写し
  4. ハローワークに求職登録しているこを証明する書類(ハローワークカードなど)
  5. 助成対象講座の受講修了証明書(教育訓練修了証明書でも可)
  6. 受講料の支払いの完了を証明する書類(領収書)(注意1)
  7. 市税の滞納がないことを証明する書類(市税の完納証明書)
  8. 誓約書(別記様式(第3関係))
  9. 印鑑

(注意1) 受講料をクレジットカードで支払われた場合は、支払の完了を確認させていただくため、引き落とし口座の通帳、引き落とし月のクレジットカードの利用明細が必要となります。

特定一般教育訓練または専門実践教育訓練を受講予定の方へ

特定一般教育訓練または専門実践教育訓練の受講料に対して本助成金をご利用予定の方は、受講開始前に、茨木市就職サポートセンターにて「再就職支援助成金事前面談」を受けていただく必要があります。

※ただし、令和2年4月1日から6月30日までの間に教育訓練を開始した場合、同年9月30日までに「再就職支援助成金事前面談」を受けていただきます。

該当する方は、商工労政課(072-620-1620)までまずはお電話ください。

 

郵送でのご申請について

郵送での申請を希望される方は、お手数ですが商工労政課までお問い合わせください。

この記事に関するお問い合わせ先
茨木市 産業環境部 商工労政課
〒567-8505
大阪府茨木市駅前三丁目8番13号 茨木市役所本館7階
電話:072-620-1620
ファックス:072-627-0289 
E-mail syokorosei@city.ibaraki.lg.jp
商工労政課のメールフォームはこちらから