しない させない 就職差別

「就職」は、一人の人間にとって生活の安定や社会参加を通じての生きがいなど、豊かで人間らしい社会生活を営むうえで極めて重要な意義をもっています。

憲法に基本的人権のひとつとして「職業選択の自由」が規定されており、就職の機会均等がすべての人に保障されているのも、このような趣旨に基づくものです。

本市では、従来から同和問題をはじめ、女性、障害者、在日韓国・朝鮮人、母子・父子家庭に対する就職差別の解消を図り、応募者の能力と適正を基準とした公正な採用選考が行われるよう、企業のみなさんにご理解とご協力をお願いしてまいりました。

しかしながら、今なお応募者本人の適正と能力に基づかない不合理な採用選考が見受けられる状況があります。各企業におかれましては、なお一層のご協力をお願いいたします。

公正採用選考人権啓発推進員

 企業が就職に際して、応募者の適性・能力に基づかず、それ以外の事柄を採用選考の基準とすることは、応募者の就職の機会を閉ざすといった就職差別を生じさせる恐れのある行為です。
 企業においては、その社会的責任を認識し、基本的人権の尊重について、正しい理解と認識をさらに深めていただき、差別のない公正な採用選考の実施に向けて「公正採用選考人権啓発推進員」の設置に積極的な取り組みをお願いします。 

「公正採用選考人権啓発推進員制度」については、関連ページをご覧ください。

茨木地区人権推進企業連絡会(人企連)

 企業の相互連携を図り、企業の立場から主体的に同和問題をはじめとする人権問題に関して幅広い啓発活動を進めるため、公正採用選考人権啓発推進員設置事業所等により結成された組織です。

詳しくは、下記ページをご覧ください。

人権問題企業研修会

毎年6月の「就職差別撤廃月間」中に、市委託業者をはじめ25人未満の事業所を対象に、就職差別の解消を図るため、研修会を開催しています。広報いばらきでも参加募集いたしますので、ふるってご参加ください。

この記事に関するお問い合わせ先
茨木市 産業環境部 商工労政課
〒567-8505
大阪府茨木市駅前三丁目8番13号 茨木市役所本館7階
電話:072-620-1620
ファックス:072-627-0289 
E-mail syokorosei@city.ibaraki.lg.jp
商工労政課のメールフォームはこちらから