高年齢者の雇用促進に向けて

平成26年(2014年)には、我が国の4人に1人が65歳以上になると予想されています。
急速な高齢化の進行に対応し、高年齢者が少なくとも年金受給開始年齢までは意欲と能力に応じて働き続けられる環境の整備を目的として、「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」(高年齢者雇用安定法)の一部が改正され、平成25年4月1日から施行されています。 

改正のポイント
詳細内容
詳細内容

詳しくは、下記リーフレット及び厚生労働省ホームページをご覧ください。

雇入れ支援について

国の各種助成金について

高年齢者を雇い入れたい事業主の方を対象にした、特定求職者雇用開発助成金(特定就職困難者雇用開発助成金)等の様々な助成金制度があります。詳しくはホームページをご覧ください。

相談・セミナー等について

高年齢者の雇用に取組む事業主への相談や、イベント・セミナー等の情報提供が行われています。詳しくはホームページをご覧ください。