太陽光発電システムの保守点検を行いましょう

平成29年4月1日から施行された改正FIT法により、太陽光発電システムを用いて売電を行う場合は、設置場所が住宅であっても、発電事業者として保守点検を実施することが義務付けられています。

また、発電した電気を売電せずに自家消費する場合においても、事故等を未然に防ぎ、長期にわたって安定的に発電を行うため、適切に保守点検を実施することが重要です。

設備を購入した販売業者、設置業者または製造業者に問い合わせていただき、定期的に保守点検を行いましょう。

住宅用太陽光発電システムに起因した火災事故にご注意ください

消費者庁の消費者安全調査委員会において、「住宅用太陽光発電システムから発生した火災事故等」に係る事故等原因調査の報告書が取りまとめられ、火災発生リスクを減らすために、住宅用太陽光発電システムを使用している方をはじめとした消費者への注意点が発表されました。

消費者庁からのお知らせ

住宅用太陽光発電システムに起因した住宅の火災事故に注意(PDF:1.5MB)

消費者安全調査委員会報告書

消費者安全調査委員会(住宅用太陽光発電システムから発生した火災事故等)(外部サイト)

この記事に関するお問い合わせ先

茨木市 産業環境部 環境政策課
〒567-8505
大阪府茨木市駅前三丁目8番13号
茨木市役所南館3階(24番窓口)
電話:072-620-1644
産業環境部ファックス:072-627-0289
E-mail kankyoseisaku@city.ibaraki.lg.jp
環境政策課のメールフォームはこちらから