財務書類4表(~平成27年度)

茨木市では、より一層の財政情報の透明性の向上と市民の皆さんへの説明責任を果たすため、平成20年度決算から国より示された新たな方法により連結財務書類4表を作成しています。

本市を含め地方公共団体の会計は現金主義・単式簿記が採用されています。この方法は、お金の出入りを記録するもので、資金の管理が適切に行われているか、議会で議決された予算に基づいて予算執行されているかなどが明確にわかります。しかし、土地・建物などの資産及び市債残高などの負債のストック情報、現金支出で表れない減価償却費や今後の退職金支払いに必要な額、経常的な行政サービスにかかったコスト及び受益者負担でどの程度賄われたかといった情報がわかりません。

それらの課題を補完するため、本市では平成14年度決算から発生主義・複式簿記の企業会計手法を導入した総務省方式という方法で普通会計の貸借対照表及び行政コスト計算書を作成してきました。これにより、本市の資産・負債情報や、行政コストがわかるようになりましたが、この方法は基本的に現金主義・単式簿記での市の決算データを組み替えたものですので、資産の実態や将来負担の情報が見込まれていないなどの課題もありました。

このような中、平成18年5月に総務省から出された「新地方公会計制度研究会報告書」で純資産変動計算書と資金収支計算書の2表と退職手当等引当金などの今までの総務省方式ではなかった項目が追加された財務書類4表が提示されました。

これを受け、本市においても平成20年度決算から総務省方式改訂モデルで財務書類4表を作成しました。また、これまでは普通会計のみでしたが、特別会計や第3セクター等を含めた連結ベースでの作成も行いました。これらにより、連結財務書類4表の情報を把握、開示することができました。

今後も、市の財政情報をよりわかりやすくお伝えしていきたいと考えておりますので、引き続き本市の財政運営へのご理解及びご協力をお願いします。

平成27年度財務書類4表

分割版

概要

詳細と説明

平成26年度財務書類4表

分割版

概要

詳細及び説明

全文版

平成25年度財務書類4表

分割版

概要

詳細及び説明

全文版

平成24年度財務書類4表

分割版

概要

詳細及び説明

全文版

平成23年度財務書類4表

分割版

概要

詳細及び説明

全文版

上に掲載している分割版の「概要」と「詳細及び説明」をひとつにまとめたものです。

平成22年度財務書類4表

分割版

概要

詳細及び説明

全文版

上に掲載している分割版の「概要」と「詳細及び説明」をひとつにまとめたものです。

平成21年度茨木市財務書類4表

概要

詳細及び説明

平成20年度茨木市財務書類4表

概要

詳細及び説明

新公会計制度の概要

この記事に関するお問い合わせ先

茨木市 企画財政部 財政課
〒567-8505
大阪府茨木市駅前三丁目8番13号 茨木市役所本館3階
電話:072-620-1612 
企画財政部ファックス:072-623-3025
E-mail zaisei@city.ibaraki.lg.jp
財政課のメールフォームはこちらから