社会資本総合整備計画(JR茨木駅南地区)の事後評価について

更新日:2021年12月15日

社会資本総合整備計画の事後評価について

社会資本総合整備計画は、計画期間終了後または終了予定年度に地方公共団体が事後評価を実施し、その結果を公表することとなっています。

 

平成23年度から平成27年度まで社会資本整備総合交付金(旧まちづくり交付金)を活用し、JR茨木駅南地区の整備事業を行いました。都市再生整備計画の最終年度である平成27年度に、目標の達成状況や事業効果の発現状況、今後のまちづくりのあり方を検討するために事後評価を行いましたので、公表します。

事後評価シートは、パブリックコメントを実施し、建設事業評価委員会の審議を経て以下のとおり作成しました。

 

フォローアップ報告書について

上記事後評価について、見込値となっていた「産官学交流センター利用者数」が平成28年3月末をもって確定値となりましたので、以下のとおりフォローアップ結果を報告します。

計画の名称及び期間

計画の名称

社会資本総合整備計画(JR茨木駅南地区)

JR茨木駅南地区における大規模工場跡地の土地利用転換を契機とした、都市基盤施設の整備と交流・学習拠点の創出

期間

平成23年度~平成27年度

 

計画の詳細については、下記のリンクからご覧ください。

 

パブリックコメント及び茨木市建設事業評価委員会の結果

パブリックコメントの結果及び茨木市建設事業評価委員会の結果については、下記のリンクからご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先


茨木市 建設部 道路課
〒567-8505
大阪府茨木市駅前三丁目8番13号 茨木市役所南館4階
電話:072-620-1651 
E-mail douro@city.ibaraki.lg.jp
道路課のメールフォームはこちらから