地域密着型サービス

更新日:2021年12月15日

地域密着型サービスは、高齢者が中重度の要介護状態になっても、可能な限り住み慣れた地域で生活を継続できるようにするため、新たに創られたサービスです。原則として茨木市民のみの利用になります。

地域密着型サービスは、地域での生活を24時間体制で支えるため、茨木市内を7つの日常生活圏域に分け、圏域ごとにサービス量を整備していきます。

現在、茨木市には「介護予防認知症対応型通所介護」「介護予防認知症対応型共同生活介護」「介護予防小規模多機能型居宅介護」の3種類があります。

介護予防認知症対応型通所介護

認知症のかたがデイサービスセンターなどに通い、介護予防を目的とした入浴、排せつ、食事等の介護や機能訓練などを受けます。

費用のめやす(7~9時間未満利用の場合)

  • 要支援1 :960円
  • 要支援2 :1,060円

入浴にかかる費用は含まれます。別途食費が必要です。

介護予防認知症対応型共同生活介護(グループホーム)

認知症のかたが少人数で共同生活をしながら、介護予防を目的とした入浴、排せつ、食事等の介護や機能訓練などを受けます。

費用のめやす(1か月につき)

  • 要支援2 :24,460円

別途家賃及び食費等が必要。

要支援1のかたは利用できません。

茨木市では低所得者の方への家賃補助を行っています。

介護予防小規模多機能型居宅介護

「通い」を中心に「訪問」や「泊まり」を組み合わせて、介護予防を目的とした入浴、排せつ、食事等の介護や機能訓練などを受けます。

費用のめやす(1か月につき)

  • 要支援1 :3,590円
  • 要支援2 :7,260円

 

この記事に関するお問い合わせ先

茨木市 健康医療部 長寿介護課
〒567-8505
大阪府茨木市駅前三丁目8番13号
茨木市役所本館2階(14番-①・②窓口)
電話:072-620-1637・1639
ファックス:072-622-5950 
E-mail kaigohoken@city.ibaraki.lg.jp
長寿介護課のメールフォームはこちらから