7月6日・9日 山手台分署で警防錬成会を実施

練成会
練成会2
練成会3

山手台分署で、市消防署・分署の隊員が警防活動の技術を競う「警防錬成会」を行いました。火災現場での消防隊員の消火・救助技術の向上と安全管理意識の向上が目的で、今年で9回目の実施となります。

 

錬成会には2日間で14隊、計56人が参加しました。「木造2階建て一般住宅の1階と2階で火災が発生し、1階の屋内で逃げ遅れた要救助者を救出する」といった想定のもと、人命救助と消火活動など実践的な警防技術を競い合いました。火災発生の通報を受けての出動、要救助者の救出、目標物に向けての放水など、4人一組に分かれた隊員らが、日ごろの訓練の成果を発揮していました。

参加した消防士は、「警防錬成会に向けて重ねた訓練の経験を、火災現場等での迅速な活動に活かしていきたい」と話しました。