10月26日 火災の被害を最小限に抑えた夫妻に感謝状を贈呈

消防協力した夫妻に感謝状の贈呈

共同住宅で発生した建物火災で、消防協力をされた茨木市在住の杉田真一(すぎたまさかず)さんと杉田秋菜(すぎたあきな)さんに、茨木市消防本部の乾消防長から感謝状を贈呈しました。

火災は9月3日の午後9時15分頃に発生しました。秋菜さんによる119番通報、真一さんによる現場での初期消火など、火災に気が付いたお二人の迅速かつ的確な行動により、負傷者も出ず被害を最小限に抑えることができました。

市消防本部は、杉田さん夫妻が的確な初期消火と119番通報により被害を最小限に抑えたとして、感謝状を贈呈しました。

感謝状をうけとった真一さんは「実際に消火器を使ったのは初めてですが、職場で消火器を使った訓練をしていたおかげで落ち着いた行動ができました」と話しました。