5月16日 新規採用職員説明会に約160人が参加

職員との座談会の様子
市長が話している様子

16日、市役所南館10階で、6月に実施を予定している茨木市採用試験の受験を希望する人を対象とした職員採用試験説明会を開催しました。午前・午後あわせて約160人が参加しました。

説明会の冒頭で、福岡洋一市長は「茨木市の職員に求められるものはチャレンジ精神です。茨木市ではJR新駅の開業、安威川ダムの建設など多くの主要プロジェクトを進めているところであり、他都市では経験できないような仕事に取り組むことができます。皆さんと共に働ける日を心待ちにしています」と参加者に熱く語りかけました。

仕事内容や採用に関する説明の後には、現場で活躍している本市若手職員と座談会形式での交流を行い、参加者から「仕事のやりがいはなんですか」「仕事をするうえで一番大切していることはなんですか」など仕事に関する質問のほかに、「趣味は何ですか」「休日は何をしていますか」などプライベートに関する質問も寄せられました。

参加者は「座談会で直接職員に質問することによって、茨木市の具体的な仕事の内容を知ることができて、いままでぼんやりとしていた市の仕事に対するイメージが固まりました。職場の雰囲気はとても明るく、あたたかいという印象を持ち、茨木市で働きたいという気持ちが強くなりました。」と話していました。

市の担当者は「この説明会を市の仕事と市の魅力を知ってもらう場にしたかった。やる気に溢れた前向きな人に茨木市で働きたいと感じていただき、ぜひ6月の採用試験を受験してほしい」と期待しています。なお、今回の説明会の参加者には、6月の試験実施までの期間、茨木市の採用に関する情報を中心に、市のイベントなど役に立つ様々な情報をメールマガジンで配信し、茨木市で働く魅力について積極的なアピールを行っていきます。