12月1日 人権週間街頭啓発キャンペーンを実施

人権週間街頭啓発の様子
人権週間街頭啓発の様子
人権週間街頭啓発の様子

12月4日~10日の人権週間を前に、12月1日、阪急茨木市・JR茨木の各駅前で、人権週間街頭啓発キャンペーンを実施しました。市人権擁護委員会委員など約30人が参加し、障害者団体が手作りしたアクリルたわしやコースター、啓発チラシを配り、人権意識の高揚を呼びかけました。

「考えよう 相手の気持ち 未来へつなげよう 違いを認め合う心」と書かれたチラシを見た市民は「人権週間というものを初めて知りました。違いを認め合うことは大切だと思います。この機会に家族みんなで話し合いたいと思います」と話しました。