令和3年4月からの運用見直しと経過措置について(茨木市施設予約システム)

新しい施設予約システムの導入に伴い、より利用しやすく分かりやすい貸室運営をめざし、令和3年4月から、対象施設の運用を一部見直します。また、運用の見直しや現行システムから新システムの移行に伴い、一部の施設では必要な経過措置を行います。

なお、新たな運用は令和3年4月1日以降に許可を行う利用申請について適用するものとし、令和3年3月末日までに許可がなされた利用については、変更、取消等を含め、従来どおりの運用となりますのでご注意ください。

運用の見直しの主な内容

見直し1:施設利用の申請受付開始日を見直し、抽選申込の受付を行います

  • これまで施設によりさまざまだった、会議室等の施設利用(先着順)の申請受付開始日について、利用日の属する月の3月前の2日からへの統一を基本に見直します。
  • 先着順の利用申請受付が始まる前月の20日から月末まで、施設予約システム上で、抽選申込を受け付けます。システムによる自動抽選を毎月1日(1月は4日)に実施し、メールで結果を通知します。なお、抽選申込は、予約システムの利用者登録がお済みの場合に限り、各施設の窓口でも受付可能です。
  • これまで窓口抽選を行っていた生涯学習センターきらめきのきらめきホール、男女共生センターローズWAMのワムホールについても、システム抽選を開始します。ただし、きらめきホール、ワムホールのほか、福祉文化依会館の文化ホール及び市民総合センターのセンターホールは、抽選当選後に施設窓口での打ち合わせが必要です。
  • 抽選を行う各施設の新たな運用は下表のとおりです。なお、ネット予約の対象外となる市民活動センター及び障害福祉センターハートフルについては、利用月の3か月前の1日から窓口で先着順受付を行います。
申請受付の見直し内容

見直し2:口座振替の対象施設を拡大します

  • これまでは窓口での予約時に現金で使用料等の支払いが必要だった施設でも、口座振替の利用により、施設利用翌月の口座引落に対応します。
  • さらに、すでに口座振替をご利用中の方にもより便利にご利用いただけるよう、対応金融機関を大幅に拡充します。
  • なお、施設窓口での事前の現金払いを選択いただくことも可能です。口座振替の詳細は次のページをご覧ください。

見直し3:利用取消の際の還付対象期間が変わります

  • これまで施設によりさまざまだった、利用取消による5割還付の対象となる期間について、会議室等は利用日の7日前まで、ホールは利用日の60日前(市民総合センター多目的ホールは20日前)までに統一します。
  • これまで、利用取消による10割還付の対象となる期間の設定がなかった一部のホールについて、10割還付期間を新たに設けます。(福祉文化会館文化ホール及び市民総合センターセンターホールは利用日の330日前まで、男女共生センターローズWAMワムホール及び生涯学習センターきらめきホールは利用日の150日前まで)
    ※使用料等を窓口で前納した場合。口座振替による後納は、還付に準じてキャンセル料を口座引落で納付いただきます。

見直し4:利用変更の取扱いを統一します

  • これまで施設によりさまざまだった、利用者都合による利用日時・部屋の変更の取扱いを統一し、ホールは20日前までに、会議室等は3日前まで(公民館は7日前まで)に窓口で申請すれば、1回限り変更可能とします。
  • 変更により使用料等が安くなる場合においては、既納の使用料等について、差額分の還付を行います。

運用見直し等に伴う経過措置について

1 運用見直しの適用について(全施設共通)

上記に記載の運用見直しによる施設利用の変更、取消、還付等の運用ルールの変更については、施設の利用申請の受付時期に応じて、次のとおり取り扱います。

(1) 令和3年4月1日以降に利用申請を受け付けた利用

新しい運用ルールが適用されます。

(2) 令和3年3月20日から31日までに抽選申込を受け付けた利用(当選後利用確定分)

新しい運用ルールが適用されます。

(3) 令和3年3月31日までに利用申請を受け付けた利用

令和3年4月1日以降に行った変更及び取消並びにそれらに伴う還付及び減免についても、従前の運用ルールが適用されます。

2 施設ごとの経過措置について

各施設における経過措置は次のとおりです。なお、市民活動センター及び障害福祉センターについては、上記1以外の経過措置は設けません。

コミュニティセンターは、上記1以外の経過措置は設けませんが、別途、新システム導入後の激変緩和措置として「茨木市立コミュニティセンター条例施行規則に係る運用指針」を定めています。詳しくは、下記のリンク先をご確認ください。

福祉文化会館・市民総合センターの経過措置

  1. 現行の施設予約システムにおける施設の使用許可申請は、令和3年3月31日まで受け付けるものとします。ただし、令和3年3月20日から31日までの抽選申込については、現行システムでは受付を行いません。
  2. 施行日の前日までに現行システムで使用許可申請を受け付けた使用については、口座引落しによる利用料金の収納までの一連の手続きを、現行システムにより行います。この間、現行システムの利用者登録内容の変更等が必要となった場合は、施設窓口にお申し出ください。

生涯学習センターの経過措置

  1. 現行の施設予約システムにおける施設の使用許可申請は、令和3年3月31日まで受け付けるものとします。令和3年3月20日から31日までの抽選申込については、会議室等に係る令和3年6月分の抽選申込を受け付けます。なお、きらめきホール及び多目的スタジオについては現行システムでは受付を行いません。
  2. 令和3年4月1日は、現行システムにおける抽選結果を新たな施設予約システムに反映する必要があることから、施設窓口を含めて、終日を施設の使用許可申請の受付休止日とします。
  3. 施行日の前日までに現行システムで使用許可申請(先着順及び抽選申込)を受け付けた使用については、口座引落しによる利用料の収納までの一連の手続きを、現行システムにより行います。この間、現行システムの利用者登録内容の変更等が必要となった場合は、施設窓口にお申し出ください。

男女共生センターの経過措置

  1. 現行の施設予約システムにおける施設の利用許可申請は、令和3年3月31日まで受け付けるものとします。令和3年3月20日から31日までの抽選申込については、会議室等に係る令和3年6月分の抽選申込を受け付けます。なお、ワムホール及びローズホールについては現行システムでは受付を行いません。
  2. 関係団体として登録された団体については、令和3年3月1日から、令和3年6月及び7月分の会議室等に係る利用許可申請を受け付けます。
  3. 令和3年4月1日は、現行システムにおける抽選結果を新たな施設予約システムに反映する必要があることから、施設窓口を含めて、終日を施設の利用許可申請の受付休止日とします。
  4. 施行日の前日までに現行システムで利用許可申請(先着順及び抽選申込)を受け付けた使用については、口座引落しによる利用料の収納までの一連の手続きを、現行システムにより行います。この間、現行システムの利用者登録内容の変更等が必要となった場合は、施設窓口にお申し出ください。

いのち・愛・ゆめセンターの経過措置

  1. 令和3年5月分及び6月分の施設の利用について、令和3年3月1日から6日までの間、窓口で抽選申込を受け付けます。抽選は3月8日に行い、同9日に抽選申込者に抽選結果を通知します。

公民館の経過措置

  1. 令和3年3月から、令和3年5月分及び6月分の使用許可申請を受け付けます(申込日程については使用される公民館にお問い合わせください)。
  2. 令和3年4月1日は、施設予約システムの運用開始に伴い、施設窓口における使用許可申請の受付を終日休止します。

青少年センターの経過措置

  1. 令和3年5月分の施設の利用について、令和3年3月1日に窓口抽選を行い、利用許可申請を受け付けます。
  2. 改正後の茨木市立青少年センター条例施行規則第5条第8項に規定される団体(※)については、令和3年3月1日に窓口抽選を行い、令和3年7月分の利用許可申請を受け付けます。
    ※ 青少年団体(S団体)、30歳以下で構成される団体(U団体)、免除団体(M団体)

問合先

施設名(施設数) 問合先
福祉文化会館、市民総合センター (公財)茨木市文化振興財団 電話:072-624-1726
生涯学習センターきらめき 生涯学習センターきらめき 電話:072-624-8182
男女共生センターローズWAM 男女共生センターローズWAM 電話:072-620-9920
コミュニティセンター 各センターまたは市民協働推進課 電話:072-620-1604
いのち・愛・ゆめセンター 豊川いのち・愛・ゆめセンター 電話:072-643-2069
沢良宜いのち・愛・ゆめセンター 電話:072-635-7667
総持寺いのち・愛・ゆめセンター 電話:072-626-5660
公民館 各公民館または中央公民館 電話:072-622-1256
上中条青少年センター 上中条青少年センター 電話:072-622-5180
市民活動センター 市民活動センター 電話:072-623-8820
障害福祉センターハートフル 障害福祉センターハートフル 電話:072-620-9818
全般に関する問合せ 財産活用課 電話:072-655-2754