茨木市下水道総合地震対策計画について

概要

本市では、平成16年度から下水道施設における地震対策の検討を進めており、平成26年度に計画的且つ国の補助事業制度を活用しながら、耐震性能が不足している既設管路施設や大池ポンプ場について、地震対策事業を実施していくため「茨木市下水道総合地震対策計画」を策定しました。

平成26年度に策定した茨木市下水道総合地震対策計画中の事業については、平成30年度末までに概ね事業が完了する見込みであることから、事業の継続性を確保し、耐震化の早期完了を目指すため、平成29年度に第2期計画を策定しました。

平成29年度に策定した茨木市下水道総合地震対策計画中の事業については、令和2年度末までに概ね事業が完了する見込みであることから、事業の継続性を確保し、耐震化の早期完了を目指すため、令和2年度に第3期計画を策定しました。