茨木市国民健康保険保健事業実施計画(データヘルス計画)・特定健康診査等実施計画

市では、市国民健康保険の医療費適正化や被保険者の健康寿命の延伸を目的として、「国民健康保険保健事業実施計画(データヘルス計画)」と「特定健康診査等実施計画」の2つの計画に基づき、特定健康診査や特定保健指導等の保健事業に取り組んでいます。

なお、この2つの計画は共通の目的を持ち、また同じ計画期間(平成30年度から令和5年度)であることから、市では一体的に策定しました。

国民健康保険保健事業実施計画(データヘルス計画)

現在、特定健診受診結果やレセプト(診療報酬明細書)等の健康・医療に関する情報は、その多くが電子データ化されています。

国民健康保険保健事業実施計画(データヘルス計画)では、このデータを活用して、市の保健事業を継続的に評価・改善しながら効果的に実施することで、医療費の適正化や健康寿命の延伸を目指しています。
 

特定健康診査等実施計画

医療費に占める生活習慣病の割合が増加するなか、医療費適正化に向けて生活習慣病の予防徹底を実現し、生涯にわたって生活の質の維持・向上を図るため、「高齢者の医療の確保に関する法律」に基づき、特定健康診査と特定保健指導を実施しています。

特定健康診査等実施計画では、特定健康診査・特定保健指導の実施にあたり、実施方法等を定めることで、事業を効率的・効果的に実施し、医療費適正化や健康寿命の延伸を目指しています。