飼い犬登録について

更新日:2022年07月22日

犬の登録

犬の登録は生涯1回となっています。飼い主は犬を飼い始めた日(生後90日以内の子犬の場合は生後90日を経過した日)から30日以内に、飼い犬の登録申請をしなければなりません。

※登録時、すでに狂犬病予防注射を接種済の場合は、動物病院で交付された接種証明書等および注射済票交付手数料550円もご持参ください。

マイクロチップを装着していて「犬と猫のマイクロチップ情報登録」に登録している犬の場合

茨木市は「狂犬病予防法の特例制度」へ参加しているため、

1 マイクロチップが装着されている

2 環境大臣が指定する指定登録機関である公益社団法人日本獣医師会の「犬と猫のマイクロチップ情報登録」に登録されている
※民間事業者が個別に実施しているマイクロチップ登録事業(AIPO等)とは異なりますのでご注意ください。

上記2つの要件を満たす犬については、環境大臣からの通知により、茨木市で飼い犬登録しているものとみなし、また、装着されているマイクロチップを鑑札とみなすため、市民生活相談課窓口及び市内動物病院での、狂犬病予防法に基づく犬の登録申請および登録手数料3,000円は不要です。

令和4年6月1日以降に、ブリーダーやペットショップ等から購入した犬には、マイクロチップが装着され、「犬と猫のマイクロチップ情報登録」に登録されていることが基本となりますので、ブリーダーやペットショップの情報のまま放置せずに、「犬と猫のマイクロチップ情報登録」で必ず飼い主の情報に変更してください(有料)。

マイクロチップを装着していない犬の場合 または マイクロチップを装着しているが「犬と猫のマイクロチップ情報登録」に登録していない犬の場合

登録申請は、市民生活相談課窓口及び市内委託動物病院でできます。登録手数料は、3,000円です。

登録内容に変更があったとき(住所変更・飼い主変更・死亡等)

マイクロチップを装着していて「犬と猫のマイクロチップ情報登録」に登録している犬の場合

犬の登録後に、住所や飼い主の氏名や飼い主を変更したとき、犬が死亡したときなど登録内容に変更があったときは、「犬と猫のマイクロチップ情報システム」で変更・死亡登録をしてください(飼い主変更については有料)。指定登録機関から市へ登録内容が通知されるため、市民生活相談課での手続きは不要です。

市外から転入されたときも、市民生活相談課での手続きは不要です。
ただし、特例制度へ参加していない市町村から転入されたときは、茨木市ではマイクロチップを鑑札とみなしますので、旧所在地の鑑札を提出してください。

※令和4年6月1日以降に、ブリーダーやペットショップ等から購入した犬には、マイクロチップが装着され、「犬と猫のマイクロチップ情報登録」に登録されていることが基本となりますので、ブリーダーやペットショップの情報のまま放置せずに、「犬と猫のマイクロチップ情報登録」で必ず飼い主の情報に変更してください(有料)。

マイクロチップを装着していない犬の場合 または マイクロチップを装着しているが「犬と猫のマイクロチップ情報登録」に登録していない犬の場合

犬の登録後に、住所や飼い主の氏名や飼い主を変更したとき、犬が死亡したときなど登録内容に変更があったときは、30日以内に市民生活相談課へ届出をしてください。

市外から転入されたときは、旧所在地の鑑札をご持参ください。(鑑札の交換をします。ただし、紛失の場合は、1,600円の手数料が必要です。)

※死亡した犬・猫の引き取りは環境事業課(電話072-634-0351)へお問合せください。

市外へ転出されるとき

市外へ転出されるときは、新所在地の市役所や保健所の犬の登録担当部署に手続き方法について確認してください。茨木市での転出手続きは不要です。

鑑札の再交付

犬の所有者は、犬の鑑札を紛失または損傷したときは、再交付の申請が必要です。

※マイクロチップを装着していて「犬と猫のマイクロチップ情報登録」に登録している犬の場合は、鑑札は失効しているため再交付できませんのでご注意ください。

損傷の場合は、その犬の鑑札をご持参ください。

市民生活相談課へ申請してください。手数料は1,600円です。

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ先
茨木市 市民文化部 市民生活相談課
〒567-8505
大阪府茨木市駅前三丁目8番13号
茨木市役所南館1階
電話:072-620-1603
ファックス:072-620-1715 
E-mail shiminseikatu@city.ibaraki.lg.jp
市民生活相談課のメールフォームはこちらから