住宅改修支援金交付制度について

平成30年大阪府北部を震源とする地震及または平成30年台風21号により被害を受けた市内の住宅を改修する際に、費用の一部を市が交付します。

本制度は、平成31年3月末で終了を予定していましたが、平成31年度も継続して行うこととなりました。(申請期限は令和元年6月28日です)


制度の概要については、以下のとおりです。

交付対象工事

●市内の住宅(一戸建て住宅、長屋住宅、共同住宅)で平成30年大阪府北部を震源とする地震または平成30年台風21号により被災した以下に当てはまる部分を改修するため、所有者又は居住者が平成30年6月18日(台風21号の場合は9月4日)以降に契約した、総額30万円以上の改修工事
●屋根、柱、床、天井、外壁、土台の破損箇所の改修工事
●戸、ドア、窓等の開口部の破損箇所の改修工事
●上下水道、電気配線、ガス配管、浴室、トイレ等の衛生設備の破損箇所の改修工事
*住居と分離している倉庫、塀、外構の破損は補助対象外
*家具、家電製品の破損は補助対象外

交付対象者

●世帯の総所得金額が430万円未満の方
●法人でないこと

交付回数

●1世帯1回
●1住宅1回

交付金額

●改修及び復旧に要した費用の1/2
●上限額
◆「住民税非課税世帯」「障害者手帳をお持ちの方がいる世帯」
「ひとり親世帯」のいずれかに該当する場合は 20万円
◆上記以外の世帯は 10万円

申請書類

申請方法が2通りありますので、工事時期によっていずれかを選択し、申請してください。

●工事後申請(申請期限令和元年6月28日)
※令和元年6月28日までに、工事完了した上で申請出来る方が対象

・申請書(判子と口座情報が必要)
・暴力団の排除に関する要綱に規定する誓約書
・改修工事の内容がわかる施工前後の写真
・対象工事に要した経費の明細が分かる領収書等の写し
・申請日時点で茨木市外に住民票がある場合のみ、世帯全員の住民票(写し可)
・平成30年1月1日時点で茨木市に住民票のない場合のみ、世帯全員の平成30年度課税証明書(写し可)

 

●事前申請(申請期限令和元年6月28日)
※令和元年6月28日までに工事完了し、実績報告をすることが困難な人が対象。事前申請と実績報告の2回手続きが必要

1 事前申請
・申請書(判子が必要)
・暴力団の排除に関する要綱に規定する誓約書
・被害状況が分かる写真
・対象工事に要する経費の明細が分かる見積書の写し
・茨木市外に住民票がある場合のみ、世帯全員の住民票(写し可)
・平成30年1月1日時点で茨木市に住民票のない場合のみ、世帯全員分の平成30年度課税証明書(写し可)

 
2 実績報告
※6月28日までに事前申請をした上で、翌年3月末までに以下の書類の提出が必要
・実績報告書(判子と口座情報が必要)
・工事後の写真
・領収書等の写し
・対象工事の明細が分かる請求書等の写し

申請受付時間

平日 9:00~17:00

受付窓口

南館5階 受付会場

注意事項

上記事項以外に条件がある場合があります。制度の詳細な内容については、お問い合わせください。

この記事に関するお問い合わせ先

茨木市 都市整備部 居住政策
〒567-8505
大阪府茨木市駅前三丁目8番13号 茨木市役所南館5階
電話:072-655-2755
ファックス:072-620-1730 
E-mail kyojyu@city.ibaraki.lg.jp
居住政策課のメールフォームはこちら