新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止等のため使用量が減少した専用水道・貯水槽水道等の衛生管理上の注意事項

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止対応等、不測の事態により、専用水道、特設水道、簡易専用水道及び小規模貯水槽水道の使用量が減少(一定期間の使用停止も含む)している場合は、次の点に留意し、貯水槽の適正な衛生管理(※1)をお願いします。

 

  • 貯水槽内に数日以上滞留している水は、残留塩素が消失しているおそれがあるため、必要に応じ残留塩素濃度を確認してください(※2)。また、残留塩素が確保されていない場合は、貯水槽内の水の入れ替え等を行い、残留塩素が確保されていることを確認してから使用してください。

 

  • 水に異常を感じた場合は、すみやかに水質検査を実施し、安全確認を行ってください。また、異常の原因を発見した際は、速やかに改善措置を講じてください。

 

  • 今後見込まれる水道使用量に合わせ、貯水槽内の水位を適正な量に調整してください。(貯水槽内の水量の目安は、一日使用量の半分程度です。)

 

※1:専用水道及び特設水道については、水道施設についても適正な衛生管理をお願いします。

※2:専用水道及び特設水道については、色、濁り及び消毒の残留効果に関する検査を徹底し、水に異常がないことを確認してから使用してください。

 

なお、小規模貯水槽水道の問い合わせ先は、水道部工務課となります。ご注意ください。
(電話:072-620-1692、ファックス:072-623-1918、E-mail:suidokomu@city.ibaraki.lg.jp

 

各水道の維持管理等の詳細については、下記リンク先にある各水道施行基準をご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

茨木市 産業環境部 環境政策課
〒567-8505
大阪府茨木市駅前三丁目8番13号
茨木市役所南館3階(24番窓口)
電話:072-620-1644
産業環境部ファックス:072-627-0289
E-mail kankyoseisaku@city.ibaraki.lg.jp
環境政策課のメールフォームはこちらから