新型コロナウイルス感染症に関する人権への配慮について

更新日:2021年12月15日

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【法務省の相談窓口】

◆新型コロナウイルス感染症に感染した方々やそのご家族、医療関係者、外国人の方々などに対する不当な差別、偏見、いじめなどの行為は、許されるものではありません。

不安を差別につなげないよう、正しい知識、情報に基づいた行動をお願いします。

◆新型コロナウイルスのワクチン接種は、強制ではなく、感染予防の効果と副反応のリスクを理解した上で、自らの意志で接種を受けていただくことになります。

接種を受けていない人に接種を強制したり、差別的な取り扱いをすることがないよう、お願いいたします。

◆不当な差別や偏見に悩んでおられる方には、相談窓口があります。ぜひ、ご相談ください。

 

【相談窓口】

・人権相談

月~金曜日(祝日、12/29~1/3を除く)

午前9時~午後5時    茨木市人権センター

電話:072-622-6613

Eメール:jimu@ibaraki-jinken.org

 

・人権や生活上のさまざまな相談

月~土曜日(祝日、12/29~1/3を除く)

午前9時~午後5時    各いのち・愛・ゆめセンター

【豊川】   電話:072-643-1470

【沢良宜】電話:072-635-7667

【総持寺】電話:072-626-5660

この記事に関するお問い合わせ先
茨木市 市民文化部 人権・男女共生課
〒567-0885
大阪府茨木市東中条町2番13号 合同庁舎6階
電話:072-622-6613
ファックス:072-622-6868
E-mail jinken@city.ibaraki.lg.jp
人権・男女共生課のメールフォームはこちらから