ワクチンの副反応

副反応について

予防接種健康被害救済制度

一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が極めて稀ではあるものの、なくすことができないことから、救済制度が設けられています。
救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療・障害年金等の給付)が受けられます。
新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。

副反応についての問合先

副反応等、医療についてのお問い合わせは大阪府の専門相談窓口で対応しています。

電話番号:0570-012-336
ファックス番号:06-6641-0072
相談受付時間:24時間(土日祝日も対応)
 

問合せは市コールセンターへ

市新型コロナワクチンコールセンターで、接種に関する問合せに対応しています。

期間 令和3年3月1日から令和4年3月31日
電話番号 0120-695-890
ファックス番号 072-655-2760
受付時間 平日 午前9時~午後8時
土日祝 午前9時~午後5時
受付内容 ・予約に関すること
・クーポン券(接種券)に関すること
・接種場所に関すること 等
注意事項 ・午前中、正午から午後1時、夜間は電話が込み合うことがあります。つながらない場合は、お手数ですが、時間をあけておかけ直しください。
・電話番号をおかけ間違えのないようお願いします。
・お問合せの内容によっては専門の窓口にご案内する場合があります。
この記事に関するお問い合わせ先

茨木市 健康医療部 健康づくり課(保健医療センター)
〒567-0031
大阪府茨木市春日三丁目13番5号
電話:072-625-6685 
E-mail kenko@city.ibaraki.lg.jp
健康づくり課のメールフォームはこちらから