12歳~17歳の方の追加接種(3回目接種)

更新日:2022年05月27日

12歳~17歳の方も追加接種(3回目接種)の対象になりました。

接種を受ける前にご確認ください

年齢区分 保護者の同意 保護者の同伴 留意点

満12歳(小学生)

必要(予診票に保護者自らが署名)

必要

・予診票に保護者の署名がなければワクチン接種は受けられません。

・予診票の電話番号欄には、保護者の緊急連絡先を記入してください。

12歳~15歳(中学生)

原則必要
ただし、接種医療機関が認める場合を除く

中学校卒業後、接種日時点で16歳未満の方

満16歳~17歳

推奨

推奨

・予診票の「電話番号欄」には、保護者の緊急連絡先を記入してください。

・予診票の「新型コロナワクチン接種希望書の署名欄」には、本人が署名してください。
また、できる限り、保護者の署名を併記してください。

追加接種の概要

感染拡大防止及び重症化予防の観点から、国の方針に基づき 追加接種(3回目接種)を実施します。

対象者

2回目接種完了後、5か月以上経過した12歳以上(接種日時点)の方
(※令和4年5月25日より接種間隔が5が月に短縮されました)

使用ワクチン

ファイザー社ワクチン

接種場所

通院中や基礎疾患のある方は、主治医やかかりつけ医にご相談ください。 

接種券発送予定

2回目接種の5か月後以降、順次発送予定

接種券発送スケジュール

2回目接種完了日 接種券発送時期
令和3年12月31日まで 発送済
令和4年1月1日~1月6日 令和4年6月3日発送済
令和4年1月7日~1月12日 令和4年6月10日発送済
令和4年1月13日~1月19日 令和4年6月17日発送済
令和4年1月20日~1月26日 令和4年6月24日発送済
令和4年1月27日~2月3日 令和4年7月1日発送済
令和4年2月4日~10日 令和4年7月8日発送予定
令和4年2月11日~17日 令和4年7月15日発送予定
令和4年2月18日~24日 令和4年7月22日発送予定

※2回目接種の6か月後以降(5月25日以降は5か月後以降)、順次発送する予定

※発送から接種券が届くまで数日かかります。お手元に届くまでお待ちください。土曜日・日曜日・祝日の配達はございません。

※ワクチンの供給状況により予約可能枠が変動するため、発送時期が前後する可能性があります

予約方法

個別接種(各医療機関)

予約方法は、各医療機関により異なります。詳細は、医療機関一覧をご覧ください。

  1. 市ウェブ予約システム
  2. 市コールセンター
    電話番号:0120-695-890
    受付時間:毎日 午前9時~午後5時
  3. 各医療機関の窓口、電話、web
集団接種(16歳以上)
  1. 市ウェブ予約システム
  2. 市コールセンター
    電話番号:0120-695-890
    受付時間:毎日 午前9時~午後5時

市予約システム等による予約受付状況

※各予約開始日の前日から予約開始までの間、システムメンテナンスを行う場合があります。メンテナンス中はログインできない場合があります。ご自身の予約内容の確認やキャンセルも、メンテナンス中はできません。時間をあけて再度ご確認をお願いします。

保護者の同伴について

子どもの安全を第一に考え、15歳以下の方のワクチン接種については、原則、保護者同伴とさせていただきます。

満12歳(小学生)
  • 接種日当日、保護者の同伴が必要です。
  • 予診票には、保護者自らが署名の上、「電話番号」記載欄に、緊急連絡先(必ず保護者の方と連絡のつく電話番号)を記載してください。
12~15歳以下の方(中学生)、中学校卒業後、接種日時点で16歳未満の方
  • 接種日当日、原則、保護者の同伴が必要です。ただし、接種医療機関が認める場合に限り、予診票から保護者が接種に同意していることを確認できる場合は、保護者の同伴がなくてもワクチン接種が可能です。
  • 予診票には、保護者自らが署名の上、「電話番号」記載欄に、緊急連絡先(必ず保護者の方と連絡のつく電話番号)を記載してください。
  • 保護者の同伴なくワクチン接種できるのは、接種を行う医療機関が認める場合に限ります。
満16歳~17歳の方
  • 原則、保護者の同伴及び同意を推奨します。
  • 予診票の「電話番号」記載欄には、緊急連絡先(必ず保護者の方と連絡のつく電話番号)を記載してください。

予診票記入例

保護者の連絡先
保護者の同意
予防接種済証
宛名台紙・予防接種済証

国内で ワクチンを接種したことの証明が必要な場合は、こちらをご利用ください。

  • 「新型コロナウイルスワクチン接種のご案内」の下が予防接種済証になっています。
  • 1回目・2回目の接種記録も印字されています。
予診票
接種券付き予診票

追加接種の接種券は、1回目・2回目接種と異なり、予診票と一体化したものをお送りします。

  • 追加接種の接種券は、予診票の右上に印字されています。
  • 1回目・2回目接種のようなシール台紙に印字された接種券ではなくなります。
  • 予診票には、1回目・2回目の接種日と使用ワクチンが印字されています。

追加接種におけるワクチンの有効性と副反応

3回目の接種をした人の方がしていない人よりも、新型コロナウイルスに感染する人や重症化する人が少ないと報告されています。

また、ファイザー社のワクチン追加接種後に報告された局所及び全身の様々な症状の発生頻度は、2回目接種時と比較して同様あるいは若干高いものの、ほとんどが軽度から中程度であり、接種翌日の頻度が最も高かったと報告されています。心筋炎の報告頻度についても、2回目接種後と比較して低かったことが報告されています。

追加接種におけるワクチンの有効性(厚生労働省「新型コロナワクチンQ&A」)

追加接種におけるワクチンの副反応(厚生労働省「新型コロナワクチンQ&A」)

1・2回目接種後に感染された方の追加接種

現時点で得られている科学的知見等を踏まえ、1・2回目接種後に感染した方の追加接種までの間隔については、暫定的に3か月を一つの目安とすることとされました。(ただし追加接種は2回目接種から6か月が経過している場合に限る)

なお、感染から回復後、期間を空けずに追加接種を希望する方についても、引き続き接種の機会を提供していきます

1・2回目接種後、新型コロナウイルスに感染した場合、3回目接種は必要ですか。(厚生労働省「新型コロナワクチンQ&A」)


接種券が届かない方、転入された方

以下の申請フォームから申請してください。接種券は、接種時期に応じて発送します。

  • 接種券が届かない方(発送時期から1週間経過しても届かない方)
  • 海外で2回の接種を受けた方
  • 製薬会社が行った治験や海外在留邦人向け新型コロナワクチン事業で2回接種した方等
  • 2回目のワクチン接種後、令和4年2月までに茨木市へ転入した方

令和4年3月以降に転入した方には、茨木市が転入前自治体の接種記録を確認し、3回目接種ができる時期に接種券を発送します。

実際に接種をされていても、接種記録が未登録等の理由でお送りが出来ない場合がございます。3回目接種ができる時期になっても接種券が届かない場合は 下記のフォーム申請してください。

申請フォームをご利用いただけない場合は、市コールセンター(0120-695-890、毎日 午前9時~午後5時)へご連絡ください。

接種券を紛失・破損された方、接種券を予診のみで使用された方

以下の申請フォームから申請いただくか、市コールセンター(0120-695-890、毎日 午前9時~午後5時)へご連絡ください。

茨木市に住民票がない方

やむを得ない事情がある場合には、住所地外接種届の申請を行うことによって、住民票所在地以外の接種会場・医療機関で接種を受けることができます。
1回目・2回目接種時に届出された場合も、再度申請をお願いします。

届出をせずに住所地外接種を受けられる場合もあります。
対象者、申請方法については、下のリンク先をご確認ください。

参考

この記事に関するお問い合わせ先

茨木市新型コロナワクチンコールセンター
電話:0120-695-890
ファックス:072-625-1650(お間違いのないようにご注意ください

茨木市新型コロナワクチン専用窓口
〒567-0888 大阪府茨木市駅前四丁目7番55号
福祉文化会館会議室101号室

E-mail kenko@city.ibaraki.lg.jp
健康づくり課のメールフォームはこちらから