5歳~11歳(小児)の方のワクチン接種

更新日:2022年11月21日

小児()(5()~11())に()する新型()コロナワクチン接種()特例()臨時()接種()()()()けられています。

令和4年9月6日から予防接種法上の「努力義務」の規定が適用されていますが、これはまん延防止の観点から皆さまにも「接種に協力していただきたい」という趣旨であり、義務ではありません。接種は強制ではありませんので、接種のメリット(発症予防・重症化予防等)とデメリット(副反応等)を、お子さまと保護者様で十分ご検討、ご理解のうえ、接種するかどうか決めてください。

また、接種を望まない人に接種を強要することや差別的扱いをすることがないよう、ご理解・ご協力をお願いします。

追加(3回目)接種について

子どもの感染者数の増加とともに、重症者数も増加傾向にあります。初回接種(1・2回目接種)後、時間経過とともに発症予防効果が低下しますが、追加接種(3回目接種)を行うことにより効果が回復すると報告されています。

追加(3回目)接種の概要

対象者

初回接種(1・2回目)接種が完了した、接種日に5~11歳の方

接種間隔

2回目接種完了から5か月以上

接種券が届き次第、予約が可能です。

使用ワクチン

ファイザー社の小児用ワクチン

初回接種と同ワクチンを同量(0.2ml)

 

なお、3回目の接種前に12歳を迎えた場合は、12歳以上用のワクチンを接種することになります。この場合、2回目からの接種間隔は3か月以上となります。

12歳以上用のワクチン接種についてはこちらをご確認ください。

 

【厚生労働省Q&A】1・2回目の接種後、3回目の接種前に12歳の誕生日を迎えました。どうしたらよいでしょうか。

接種回数

1回

接種場所

各医療機関

接種協力医療機関一覧(5~11歳)(PDFファイル:84.1KB)

現在のところ、集団接種の実施予定はありません。

予約方法

接種協力医療機関一覧(5~11歳)(PDFファイル:84.1KB)の「予約方法」をご覧ください。

各医療機関の窓口、電話、ウェブ、
市ウェブ予約システム、市コールセンター(0120・695・890)

その他

接種にあたっては、あらかじめかかりつけ医等と、よく相談してください。

 

追加(3回目)接種券の発送スケジュール

2回目接種完了日 接種券発送予定日 発送状況
令和4年4月18日まで 令和4年9月9日 発送済
令和4年4月19日~4月25日 令和4年9月16日 発送済
令和4年4月26日~5月2日 令和4年9月22日 発送済
令和4年5月3日~5月16日 令和4年9月30日 発送済
令和4年5月17日~6月13日 令和4年10月31日 発送済
令和4年6月14日~6月20日 令和4年11月7日 発送済
令和4年6月21日~7月4日 令和4年11月21日 発送済

※以後の発送スケジュールにつきましては、順次掲載してまいります。

接種のメリット・デメリット

メリット

5~11歳の子どもに対するワクチンの追加接種後は、オミクロン株を含む新型コロナウイルスに対する中和抗体価が上昇します。

また、時間経過とともに低下した初回接種による発送予防効果が、追加接種により回復するとされています。

中和抗体価とは、ウイルスの感染力や毒素の活性を中和できる抗体の値のことです。

デメリット

5~11歳の子どもに対する3回目の接種後7日以内の副反応は、1・2回目接種の後と比べると、おおむね同様の症状が見られるという報告があります。

報告割合 接種後の症状(2回目接種後→3回目接種後の症状の発現率)
50%以上 疼痛(72.2→73.9%)
10~50% 疲労(46.6→45.6%)、頭痛(30.1→34.0%)、筋肉痛(12.5→18.3%)、
発赤(16.5→15.6%)、腫脹(14.0→16.4%)、悪寒(10.3→10.5%)
1~10% 発熱(8.8→6.7%)、関節痛(5.5→6.7%)
下痢(6.5→4.9%)、嘔吐(1.8→2.4%)

 

また、ごくまれにアナフィラキシー等の副反応が生じることがあります。

接種後の各種副反応と専門家の評価については、こちらをご覧ください。

厚生労働省からのお知らせ

他の予防接種との接種間隔

新型コロナワクチンとインフルエンザワクチンは、同時に接種可能です。

インフルエンザワクチン以外のワクチンを接種する場合は、新型コロナワクチン接種前後2週間以上間隔けてください。

初回(1・2回目)接種について

初回(1・2回目)接種の概要

対象者 (たいしょうしゃ)

  • 1回目(かいめ)接種(せっしゅ)時点(じてん) 5(さい)以上(いじょう)11(さい)以下(いか)(かた)

5(さい)になる誕生(たんじょう)()前日(ぜんじつ)から12(さい)誕生(たんじょう)()前々(ぜんぜん)(じつ)まで接種(せっしゅ)可能(かのう)です。

(れい))2010(ねん)4(がつ)3(にち)()まれの(かた)…2022(ねん)4(がつ)1(にち)まで接種(せっしゅ)可能(かのう)、4(がつ)2(にち)以降(いこう)は12(さい)以上(いじょう)(おな)じワクチンを使用(しよう)

1回目(かいめ)接種(せっしゅ)()に11(さい)、2回目(かいめ)接種(せっしゅ)()に12(さい)となる(かた)は、2回目(かいめ)同じ(おなじ)小児用(しょうによう)ワクチンを使用(しよう)

使()(よう)ワクチン

  • ファイザー(しゃ)小児用(しょうによう)ワクチン

12(さい)以上(いじょう)のファイザー(しゃ)ワクチンとは(べつ)製剤(せいざい)で、有効(ゆうこう)成分量(せいぶんりょう)は1/3

接種回数 (せっしゅかいすう)

  • 2(かい)

1回目(かいめ)接種(せっしゅ)から3週間後(しゅうかんご)2(2)回目(かいめ)接種(せっしゅ)

接種場所 (せっしゅばしょ)

  • 各医療(かくいりょう)機関(きかん)

接種協力医療機関一覧(5~11歳)はこちら(PDFファイル:84.1KB)

現時点(げんじてん)で、5~11歳向け(さいむけ)集団(しゅうだん)接種(せっしゅ)実施(じっし)予定(よてい)はありません

予約方法 (よやくほうほう)

各医療(かくいりょう)機関(きかん)窓口(まどぐち)電話(でんわ)、ウェブ、

()ウェブ予約(よやく)システム  ()コールセンター(0120-695-890)

予約(よやく)完了後(かんりょうご)学級(がっきゅう)閉鎖(へいさ)濃厚(のうこう)接触者(せっしょくしゃ)となられてやむを()()(やく)をキャンセルされた場合(ばあい)再予約(さいよやく)接種(せっしゅ)への配慮(はいりょ)各医療(かくいりょう)機関(きかん)依頼(いらい)しております。

()ウェブ予約(よやく)システム・コールセンターから予約(よやく)された場合(ばあい)()コールセンターへ、各医療(かくいりょう)機関(きかん)直接(ちょくせつ)予約(よやく)された場合(ばあい)各医療(かくいりょう)機関(きかん)へご(そう)(だん)ください。

スケジュール

接種券(せっしゅけん)発送(はっそう)

2017(ねん)3(がつ)1(にち)以前(いぜん)()まれた(かた) ※1

2(がつ)24(にち)木曜日(もくようび)

予約(よやく)受付(うけつけ)開始(かいし)

()()(しっ)(かん)(ゆう)する(かた) ※2

3(がつ)1(にち)火曜日(かようび)

対象者(たいしょうしゃ)全員(ぜんいん)

3(がつ)4(にち)金曜日(きんようび)

接種(せっしゅ)開始(かいし)

3(がつ)10(にち)木曜日(もくようび)以降(いこう) ※3

※1 2017(ねん)3(がつ)2(にち)以降(いこう)()まれた(かた)には、おおむね2週間(しゅうかん)ごとに()りまとめて(はっ)(そう)します。

※2 慢性(まんせい)呼吸(こきゅう)疾患(しっかん)先天性(せんてんせい)(しん)疾患(しっかん)など、重症化(じゅうしょうか)リスクの(たか)基礎(きそ)疾患(しっかん)(ゆう)するお()(さま)へのワクチン接種(せっしゅ)により、COVID-19の重症化(じゅうしょうか)(ふせ)ぐことが期待(きたい)されます。ワクチン接種(せっしゅ)については、本人(ほんにん)健康(けんこう)状態(じょうたい)をよく把握(はあく)しているかかりつけ()によく相談(そうだん)してください。

※3 令和(れいわ)4(ねん)3(がつ)7(にち)月曜日(げつようび))の小児用(しょうによう)ワクチン配送後(はいそうご)接種(せっしゅ)体制(たいせい)(ととの)った()(りょう)()(かん)から実施(じっし)する予定(よてい)であり、各医療(かくいりょう)機関(きかん)によって接種(せっしゅ)開始(かいし)()前後(ぜんご)することがあります。

()予約(よやく)システム(など)による予約(よやく)受付(うけつけ)状況(じょうきょう)

会場検索

市ウェブ予約システムは こちら

ワクチン種別「ファイザー(小児用)」を選択してください。

各予約(かくよやく)開始(かいし)()前日(ぜんじつ)から予約(よやく)開始(かいし)までの(あいだ)、システムメンテナンスを(おこな)()(あい)があります。メンテナンス(ちゅう)はログインできない場合(ばあい)があります。ご自身(じしん)予約(よやく)内容(ないよう)確認(かくにん)やキャンセルも、メンテナンス(ちゅう)はできません。時間(じかん)をあけて再度(さいど)確認(かくにん)をお(ねが)いします。

()からの送付物(そうふぶつ)

宛名台紙・予防接種済証
宛名台紙・予防接種済証

国内で ワクチンを接種したことの証明が必要な場合は、こちらをご利用ください。

接種券付き予診票
接種券付き予診票

接種券は、予診票の右上に印字されています。

12歳以上の1・2回接種にも使用できます。

新型コロナワクチン接種の重要なお知らせ(5~11歳の方と保護者様)
新型コロナワクチン接種の重要なお知らせ(5~11歳の方とその保護者様)

2月上旬の情報を記載しております。最新の情報は、国及び市ホームページをご覧ください。

接種(せっしゅ)検討(けんとう)にあたって

ワクチン接種(せっしゅ)強制(きょうせい)ではなく、あくまで本人(ほんにん)意思(いし)(もと)づき接種(せっしゅ)するものです。接種(せっしゅ)(のぞ)まない(ひと)接種(せっしゅ)強要(きょうよう)することや差別的(さべつてき)(あつか)いをすることがないよう、ご理解(りかい)・ご協力(きょうりょく)をお(ねが)いします。接種(せっしゅ)判断(はんだん)()たっては、最新(さいしん)副反応(ふくはんのう)状況(じょうきょう)などを(かなら)確認(かくにん)し、接種(せっしゅ)のメリット・デメリットを十分(じゅうぶん)把握(はあく)のうえ、接種(せっしゅ)をするかどうか()めてください。

厚生(こうせい)労働省(ろうどうしょう)からのお()らせ

ファイザー(しゃ)からのお知らせ

ワクチン接種(せっしゅ)効果(こうか)副反応(ふくはんのう)

ファイザー(しゃ)のワクチンは、5~11(さい)小児(しょうに)においても、デルタ(かぶ)(など)(たい)して、中和(ちゅうわ)抗体価(こうたいか)上昇(じょうしょう)発症(はっしょう)予防(よぼう)効果(こうか)確認(かくにん)されています。

また、副反応(ふくはんのう)種類(しゅるい)発現(はつげん)頻度(ひんど)についても、成人(せいじん)(おお)きな(ちが)いはありませんでした。接種(せっしゅ)部位(ぶい)痛み(いたみ)倦怠感(けんたいかん)頭痛(ずつう)発熱(はつねつ)(など)様々(さまざま)症状(しょうじょう)確認(かくにん)されていますが、殆ど(ほとんど)軽度(けいど)(また)中等度(ちゅうとうど)であり回復(かいふく)していること、現時点(げんじてん)()られている情報(じょうほう)からは、安全性(あんぜんせい)重大(じゅうだい)懸念(けねん)(みと)められていないと判断(はんだん)されています。

接種(せっしゅ)当日(とうじつ)

接種イメージ

三角筋の中央部に注射します。

適宜(てきぎ)、お()さまへ声掛(こえか)けを(おこな)い、お()さまが注射(ちゅうしゃ)(ばり)()ないようにするなど、不安(ふあん)緊張(きんちょう)(やわ)らげるような対応(たいおう)をお(ねが)いします。

また、ワクチン接種後(せっしゅご)(とく)接種(せっしゅ)直後(ちょくご)数日間(すうじつかん))はお()さまの体調(たいちょう)変化(へんか)がないか注意(ちゅうい)してください。

()(もの)

  • 接種券(せっしゅけん)などが(はい)った(ふう)(とう)中身(なかみ)一式(いっしき)
  • 本人(ほんにん)確認(かくにん)書類(しょるい)(マイナンバーカードや健康(けんこう)保険証(ほけんしょう)など)
  • 母子(ぼし)健康(けんこう)手帳(てちょう)
  • (くすり)()(ちょう)(お()ちの(かた)

保護者(ほごしゃ)同伴(どうはん)

  • 接種(せっしゅ)当日(とうじつ)は、 保護者(ほごしゃ)同伴(どうはん)必要(ひつよう)です。

()診票(しんひょう)

  • 電話番号(でんわばんごう)は、 (かなら)保護者(ほごしゃ)(かた)連絡(れんらく)のつく電話番号(でんわばんごう)記載(きさい)してください
  • ワクチン接種(せっしゅ)対する(たいする)同意(どうい)は、 保護者(ほごしゃ)自ら(みずから)署名(しょめい)してください

 

感染(かんせん)対策(たいさく)

ワクチンを接種(せっしゅ)した(ひと)接種(せっしゅ)していない(ひと)も、()(つづ)感染(かんせん)予防(よぼう)対策(たいさく)をお(ねが)いします。

参考(さんこう)

)

【第30回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会 資料より】

公衆(こうしゅう)衛生(えいせい)見地(けんち)
  • 新規(しんき)感染者(かんせんしゃ)全体(ぜんたい)のうち、4分( ぶん)の1以上(いじょう)が10(だい)以下(いか)
  • 小児(しょうに)における(ちゅう)等症(とうしょう)重症例(じゅうしょうれい)割合(わりあい)(ひく)いものの、症例数(しょうれいすう)増加(ぞうか)傾向(けいこう
  • ワクチン接種(せっしゅ)(すす)むことにより、同世代(どうせだい)重症例(じゅうしょうれい)発生(はっせい)抑制(よくせい)
  • 中高年(ちゅうこうねん)世代(せだい)(ふく)む人口全体(ぜんたい)感染者数(かんせんしゃすう)重症者数(じゅうしょうしゃすう)減少(げんしょう)効果(こうか)期待(きたい)
科学的(かがくてき)知見(ちけん)
  • 発症(はっしょう)予防(よぼう)効果(こうか)については、90.7%と(たか)有効性(ゆうこうせい)示唆(しさ)する報告(ほうこく)があります。
  • 小児(しょうに)における重症化(じゅうしょうか)予防(よぼう)効果(こうか)(かん)するエビデンスは、現時点(げんじてん)確認(かくにん)されていません。
  • 2回目(かいめ)接種後(せっしゅご)(やく)2か(げつ)追跡(ついせき)期間(きかん)において安全性(あんぜんせい)(しめ)されたとの報告(ほうこく)があります。
  • 心筋炎(しんきんえん)(とう)副反応(ふくはんのう)報告(ほうこく)頻度(ひんど)(かん)しては、報告(ほうこく)により発熱(はつねつ)(とう)頻度(ひんど)(こと)なるものの、12~15(さい)比較(ひかく)して(すく)ないと報告(ほうこく)があります。
公的(こうてき)関与(かんよ)規定(きてい)

(くに)では、小児(しょうに)におけるオミクロン(かぶ)感染(かんせん)状況(じょうきょう)感染者(かんせんしゃ)重症化(じゅうしょうか)動向(どうこう))が(いま)確定的(かくていてき)でないこと(増加(ぞうか)傾向(けいこう)途上(とじょう)にあること)や、オミクロン(かぶ)については、小児(しょうに)における発症(はっしょう)予防(よぼう)効果(こうか)重症化(じゅうしょうか)予防(よぼう)効果(こうか)(かん)するエビデンスが(かなら)ずしも十分(じゅうぶん)でないこと(オミクロン(かぶ)出現(しゅつげん)以前(いぜん)知見(ちけん)であること)を()まえ、現時点(げんじてん)では、ワクチン接種(せっしゅ)(かん)する努力(どりょく)義務(ぎむ)規定(きてい)小児(しょうに)について適用(てきよう)しないこととし、(あらた)めて議論(ぎろん)することとされました。

この記事に関するお問い合わせ先

茨木市新型コロナワクチンコールセンター
電話:0120-695-890
ファックス:072-625-1650(お間違いのないようにご注意ください

茨木市新型コロナワクチン専用窓口
〒567-0888 大阪府茨木市駅前四丁目7番55号
福祉文化会館会議室101号室

E-mail kenko@city.ibaraki.lg.jp
健康づくり課のメールフォームはこちらから