新型コロナワクチンの有効期限延長について

更新日:2022年09月05日

貴重なワクチンを無駄にせず有効活用するため、ワクチンの有効期限が延長されました。
接種済証に貼付するワクチンシールには、以前の有効期限が記載されていますが、記載の期間から延長されていますのでご安心ください。

ファイザー社ワクチン(12歳以上用)について

ファイザー社ワクチン(12歳以上用)は、令和3年(2021年)9月10日に、-90℃~-60℃で保存する場合の有効期間が「6か月」から「9か月」に延長され、令和4年(2022年)4月22日に「9か月」から「12か月」に、令和4年(2022年)8月19日に「12か月」から「15か月」に延長されました。
一方で、有効期限が令和4年(2022年)2月28日以前となっているワクチンは、有効期間が6か月という前提で有効期限が印字されています。また、「ロットNo.別ファイザー社ワクチン(12歳以上用)の有効期限」中、「有効期間9か月のロット一覧」に記載しているロットNo.のワクチンは、有効期間が9か月であるという前提で印字されています。
これらのワクチンについては、有効期間が15か月まであるワクチンとして取り扱って差しつかえないこととしています。

ファイザー社ワクチン(5~11歳用)について

ファイザー社ワクチン(5~11歳用)は、令和4年(2022年)1月21日に薬事上の承認がされ、-90℃~-60℃で保存する場合の有効期限は「9か月」となっており、同年4月22日に「9か月」から「12か月」へと延長されました。
一方で、有効期限が令和4年(2022年)5月31日以前となっているワクチンは、有効期間が6ヵ月という前提で有効期限が印字されています。また「ロットNo.別ファイザー社ワクチン(5~11歳用)の有効期限」中、「有効期限9か月のロット一覧」に記載しているロットNo.のワクチンは、有効期限が9か月であるという前提で印字されています。
これらのワクチンについては、有効期限が12か月まであるワクチンとして取り扱ってさしつかえないこととされています。

武田/モデルナ社ワクチン

武田/モデルナ社ワクチンは、 -15℃~-25℃で保存する場合の有効期間が、令和3年(2021年)7月16日には「6か月」から「7か月」に延長され、同年11月12日には「7か月」から「9か月」に延長されました。
一方で、有効期限が令和4年(2022年)3月1日以前となっているワクチンは、ロットNo.3004733のワクチンを除き、有効期間が6か月であるという前提で有効期限が印字されています。また、「ロットNo.別武田/モデルナ社ワクチンの有効期限」中、「有効期限7か月のロット一覧」に記載されているロットNo.のワクチンは、有効期限は7か月であるという前提で有効期限が印字されています。
これらのワクチンは、有効期間が9か月まであるワクチンとして取り扱って差しつかえないこととされています。

この記事に関するお問い合わせ先

茨木市新型コロナワクチンコールセンター
電話:0120-695-890
ファックス:072-625-1650(お間違いのないようにご注意ください

茨木市新型コロナワクチン専用窓口
〒567-0888 大阪府茨木市駅前四丁目7番55号
福祉文化会館会議室101号室

E-mail kenko@city.ibaraki.lg.jp
健康づくり課のメールフォームはこちらから