ファイザー社製ワクチンへの異物混入事案について

更新日:2021年12月15日

9月14日に堺市などでファイザー社製ワクチンのバイアルの中に異物が混入されていたという事象が報道発表されました。

本市の状況

本市において、同一ロットナンバー(ロット番号FF5357)のバイアル使用有無について、確認しましたところ、9月3日~9月12日までの間に実施しました集団接種(保健医療センター及び市役所南館9・10階)において、使用していることがわかりました。

いずれの日程においても使用前に異物混入の有無を確認しながら希釈等を行っており、異物混入の報告はございません。

また、市内各医療機関へ供給しているワクチンにおきましても確認しましたところ、各医療機関へ供給したワクチンの中には、異物混入事象が発生した同一ロットナンバーのバイアルはございませんでした。

今後の対応

引き続き、使用前、希釈時や注射器への分注時に複数人で異常がないかどうかの確認を行い、市民の皆さまが安心して接種できるように取り組んでまいります。

なお、万が一異物等の混入が認められた場合には、令和3年9月2日付け厚生労働省健康局健康課予防接種室の事務連絡(PDFファイル:93.7KB)に基づき、適切な対応を行います。

この記事に関するお問い合わせ先

茨木市新型コロナワクチンコールセンター
電話:0120-695-890
ファックス:072-625-1650(お間違いのないようにご注意ください

茨木市新型コロナワクチン専用窓口
〒567-0888 大阪府茨木市駅前四丁目7番55号
福祉文化会館会議室101号室

E-mail kenko@city.ibaraki.lg.jp
健康づくり課のメールフォームはこちらから