ひとり親世帯臨時特別給付金<基本給付(再支給)>及び家計急変者への<追加給付>の支給が決定

ひとり親世帯臨時特別給付金<基本給付(再支給)>

新型コロナウイルス感染症の影響により、子育てと仕事を一人で担う低所得のひとり親世帯に特に大きな困難が心身に生じていることを踏まえ、臨時特別給付金の支給を実施しているところです。(令和2年5月27日閣議決定)

ひとり親家庭は、非正規雇用労働者の割合が高く収入が少ないなど、元々経済的基盤が弱く厳しい状況にある中で、その生活実態が依然として厳しい状況にあることを踏まえ、<基本給付>の支給対象者に対して、再度、同様の<基本給付(再支給分)>の支給を実施します。(令和2年12月11日閣議決定)

支給対象者

令和2年12月11日時点で、既に「ひとり親世帯臨時特別給付金<基本給付>」の支給を受けている方

※既に「ひとり親世帯臨時特別給付金<基本給付>」の支給を受けている方には再支給分についての文書を送付します。

・<基本給付>を受給後、婚姻等により児童扶養手当の資格を喪失した方も受給できます。(ただし、過去に遡って児童扶養手当の資格を喪失したことにより<基本給付>を返還することになった方は受給できません。)

・生活保護を受けている方も受給できます。(収入認定はされません。)

給付額

1世帯5万円、第2子以降1人につき3万円

・<基本給付>の支給から再支給までに児童数の増減があった場合でも、<基本給付>と同額が支給されます。

申請手続き

申請不要です。

令和2年12月11日時点で基本給付を申請していない方で、令和2年12月12日以降に基本給付を申請する方は、<基本給付(再支給分)>について併せて申請することで、支給を受けることができます。※申請方法は下記の「申請書類」をご参照ください。

※給付金を希望しない場合は、「受給拒否の届出書」を提出してください。

振込予定日

令和2年12月28日(月曜日)

※令和2年12月12日以降に<基本給付>の支給を受ける方は、令和3年1月以降順次振込みます。

※ひとり親世帯臨時特別給付金(基本給付)支給口座へ振込します。(原則、振込口座を変更することはできません。)

※前回の基本給付の支給を受けた口座を解約、凍結している等の理由で振込ができない場合は、令和2年12月21日までにご連絡ください。なお、下記の振込予定日に振込ができなかった場合は、令和3年1月5日以降に、振込口座が確認でき次第、再振込をさせていただきます。

家計急変者への<追加給付(市単独)>

令和2年6月に閣議決定されたひとり親世帯臨時特別給付金は、対象者のうち、家計急変者は、<追加給付>の支給対象となっていませんでした。

コロナ禍において、ひとり親家庭の生活は依然厳しい状況にあることから、経済的支援を行うため、家計急変者への<追加給付(市単独分)>の支給を実施します。

支給対象者

新型コロナウイルス感染症の影響を受けて収入が減少した方(生活保護受給世帯は対象になりません)

給付額

1世帯5万円

申請手続き

申請不要です。

※給付金を希望しない場合は、「受給拒否の届出書」を提出してください。

振込予定日

令和2年12月28日(月曜日)

※令和2年12月12日以降に<基本給付>の支給を受ける方は、令和3年1月以降順次振込みます。

※ひとり親世帯臨時特別給付金(基本給付)支給口座へ振込します。(原則、振込口座を変更することはできません。)

※前回の基本給付の支給を受けた口座を解約、凍結している等の理由で振込ができない場合は、令和2年12月21日までにご連絡ください。なお、下記の振込予定日に振込ができなかった場合は、令和3年1月5日以降に、振込口座が確認でき次第、再振込をさせていただきます。

ひとり親世帯臨時特別給付金

新型コロナウイルス感染症の影響により、子育てと仕事を一人で担う低所得のひとり親家庭については、子育てに対する負担の増加や収入の減少などにより特に大きな困難が心身等に生じていることを踏まえ、こうした世帯を支援するため、「ひとり親世帯臨時特別給付金」の支給が決定しました。本制度は全国一律の制度で、支給には「1基本給付」と「2追加給付」があります。

 

1 基本給付

支給対象者

(1)令和2年6月分の児童扶養手当の支給を受けている方

(2)公的年金給付等(遺族年金、障害年金、老齢年金、労災年金、遺族補償など)受給しており、令和2年6月分の児童扶養手当の支給が全額停止されている方(※1)

(3)新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変するなど、収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準の方(※2)

※1 公的年金給付等受給者の基準に該当しない場合は、基本給付(3)として申請することも可能です。

※2 所得制限超過により児童扶養手当を未申請の方でも、令和2年2月以降の1か月の収入が減少し、児童扶養手当受給資格を満たしている場合は対象になります。ただし、親族以外の異性と同居している、または生計が同一であるなどの場合は事実婚に該当するため児童扶養手当の受給資格には該当しません。また、新型コロナウイルス感染症の影響で内定が取り消された、あるいは、求職活動に影響があったなど、新型コロナウイルス感染症の影響が無ければ得られていたはずの収入が得られなかった場合も給付の対象となります。

給付額

1世帯5万円、第2子以降1人につき3万円

申請手続き

(1)の方は申請不要です。

※給付金を希望しない場合は、「受給拒否の届出書」を提出してください。

(2)(3)の方は申請が必要です。(※3)

※3 児童扶養手当届出者、ひとり親家庭医療証届出者へは7月下旬にお知らせと申請書を送付します。

原則、支給対象者ご本人が申請していただくこととなっていますが、事情により、代理申請される場合は、委任状及び代理人の本人確認書類をご用意ください。

2 追加給付

支給対象者

「基本給付」の(1)または(2)に該当する方のうち、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて収入が減少した方(生活保護受給世帯は対象になりません)

給付額

1世帯5万円

申請手続き

申請が必要です。

・原則、支給対象者ご本人が申請していただくこととなっていますが、事情により、代理申請される場合は、委任状及び代理人の本人確認書類をご用意ください。

申請書類

申請書類の様式は下記からダウンロード可能です。

 

基本給付(2)公的年金給付等受給者の申請書類

 

基本給付(3)家計急変者の申請書類

 

追加給付の申請書類

 

口座登録等の届出書

申請受付

平 日:8時45分~19時

土曜・祝日は除く

受付場所 :茨木市役所 南館3階19番窓口 こども政策課

受付期限:令和3年2月26日(金曜日)

※申請は郵送でも可能ですが、書類不備等により添付書類等のご提出をお願いすることがございます。

振込予定日

基本給付(1):令和2年8月21日(金曜日)

基本給付(2)(3)、追加給付:第1回目  令和2年9月14日(月曜日)

                                              第2回目  令和2年9月29日(火曜日)

                                              第3回目  令和2年10月14日(水曜日)

                                              第4回目  令和2年10月29日(木曜日)

                                              第5回目  令和2年11月13日(金曜日)

                                              第6回目  令和2年11月27日(金曜日)

                                              第7回目  令和2年12月21日(月曜日)

                                              第8回目  令和2年12月28日(月曜日)

                                              第9回目  令3年1月22日(金曜日)

                                              第10回目  令和3年2月24日(水曜日)

                                              第11回目  令和3年3月16日(火曜日)

                                              

◆審査終了後、交付決定通知書を送付し、順次振込します。

 

その他ご不明な点がございましたら、下記までお問合せください。

 

この記事に関するお問い合わせ先
茨木市 こども育成部 こども政策課
〒567-8505
大阪府茨木市駅前三丁目8番13号 茨木市役所南館3階
電話:072-620-1625 
E-mail kodomoseisaku@city.ibaraki.lg.jp
こども政策課のメールフォームはこちらから