新型コロナウィルス感染症対策に係る市主催(共催含む)イベント等の対応について(10月22日更新)

市主催(共催含む)イベント等の対応について

大阪府からの「府民等への要請」等を踏まえ、市民の皆さまが参加する市主催(共催含む)のイベントや集会について、下記のとおりとします。

  • 期間
    10月25日~11月30日
     
  • 開催要件
    適切な感染防止策等の実施を条件とします。

    <適切な感染防止策等(府民等への要請より)>
    収容率※1 人数上限※1
    大声なし※2
    クラシック音楽コンサート、演劇等、舞踊、伝統芸能、芸能・演芸、公演・式典、展示会 等
    大声あり※2
    ロック、ポップコンサート、スポーツイベント、公営競技、公演(キャラクターショー等)、ライブハウス・ナイトクラブでのイベント 等
    【10月25日~10月31日】
    5,000人または収容定員50%以内(上限10,000人)のいずれか大きい方

    【11月1日~11月30日】
    5,000人または収容定員50%以内のいずれか大きい方
    100%以内
    (席がない場合は適切な間隔)
    50%以内※3
    (席がない場合は十分な間隔)

    ※1 収容率と人数上限でどちらか小さい方を限度(両方の条件を満たす必要)。収容定員が設定されていない場合は、十分な人と人との距離(1メートル)を確保できること。
    ※2イベントは例示であり、実際のイベントがいずれに該当するかは大声での歓声・声援等が想定されるか否かを個別具体的に判断する。飲食を伴うイベントは「大声あり」と同じ取扱いとするが、発生のない場合(映画館等)は「大声なし」と扱う。
    ※3異なるグループ間では座席を1席空け、同一グループ(5人以内に限る)内では座席間隔を設けなくてもよい。すなわち、収容率は50%を超える場合がある。
    ※4 飲食の提供は、業種別ガイドラインの遵守、同一テーブル4人以内など、業態に応じた感染防止対策を守ることを条件とする。

    (イベントを開催する場合の要請内容)
    ・国の接触確認アプリ「COCOA」、大阪コロナ追跡システムの導入、または名簿作成などの追跡対策の徹底
    ・全国的な移動を伴うイベントまたは参加者が1,000人を超えるようなイベントを開催する際は、そのイベントの開催要件(収容率等)などについて、大阪府に事前に相談すること

中止・延期等を決定したイベント等