市民の皆さまへ(市長メッセージ:重点措置継続、接種券配布について)【7月12日】

「まん延防止重点措置」の延長について


変異株による感染の再拡大が懸念される中、「まん延防止重点措置」の822日までの継続が決定されました。本市の対応は概ねこれまでと同様ですが、公共施設の開館・開放時間について“20時まで”を“21時まで”へと変更しております。

皆さまのこれまでの多大なるご理解とご協力に対し感謝を申し上げますとともに、何としても第5波を発生させないために、引き続きのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

まん延防止等重点措置に基づく要請

公共施設の開館状況等一覧

 

64歳以下の皆さまへの接種券配布について


16歳から64歳の皆さまへ新型コロナワクチンの接種券を7月12日付にて発送しております。

現在、市医師会の皆さまをはじめ、市内各医療機関の皆さま、市外の大阪医科薬科大学病院や高槻赤十字病院のお力もお借りし、ワクチン接種を加速化したことで、高齢者の皆さまの接種は、7月末には概ね完了見込みとなっております。

しかし、国からのワクチンの供給減少が明らかにされたことから、今後の接種については、加速化の見直しを余儀なくされております。

以上のことから、8月以降、64歳以下の皆さま等の接種については、これまでお伝えしてきました計画を基本としながら、再調整しているところです。

新型コロナワクチン接種の重要なお知らせ(16歳以上64歳以下の方)(PDFファイル:886.1KB)

 

なお、ワクチン接種は任意であります。

職場や周りの人に接種を強制しない接種を受けていない人への差別的な扱いをしないなど、個人の判断と尊厳を尊重されるようお願いいたします。

 

令和3年7月12日 茨木市長 福岡洋一

 

関連ページ