離婚するとき(離婚届)

婚姻関係を解消させる行為であり、離婚届が受理されると民法上の夫婦という法律効果が解消します。

届出期間

協議離婚の場合は、届出期間の定めはありませんが、戸籍の届出受理により離婚の効果が発生します。

裁判離婚の場合は、調停・和解の成立、請求の認諾または審判・判決の確定の日から10日以内

届書備付場所

市民課窓口

届出人

協議離婚の場合は、夫と妻(成人の証人が2人必要)

裁判離婚の場合は、調停若しくは審判の申立人または訴えの提起者

届出先

届出人の所在地または本籍地の市区町村役場

茨木市の場合は、市役所市民課3番窓口

業務時間

月曜日~金曜日 8時45分~17時15分(祝日及び年末年始を除く)

上記以外の時間は、市役所地下1階守衛室で随時お預かりしています。その場合、届出書類に不備があれば、業務時間内にご来庁いただき、修正等をお願いすることがあります。
 なお、転入・転出・転居等の住民異動届は、業務時間内に届出が必要です。

本人確認

届出時に届出人の本人確認を行います。
これは、虚偽の届出が本人の知らない間に提出されることを防ぐために行うものです。
届出の際には、運転免許証や健康保険被保険者証、パスポート、年金手帳等をお持ちください。
なお、証明書をお持ちでないかたでも届出はできます。
本人確認ができなかった場合、第三者(使者)による届出の場合、業務時間外の守衛室での届出の場合は、後日、届出があったことを本人に郵便でお知らせします。

必要書類等

  1. 離婚届書1通
  2. 戸籍謄本1通(届出先が本籍地の場合は不要)
  3. 夫婦の印鑑(離婚届書に押印されたそれぞれの印鑑)

裁判離婚の場合は、調停調書の謄本、和解調書の謄本、認諾調書の謄本または審判書若しくは判決の謄本と確定証明書が必要です。

その他の留意事項

  1. 婚姻により氏を改めた妻または夫は、婚姻前の氏に戻ります。
  2. 離婚後も婚姻中の氏を名乗る場合は、別の届出(「離婚の際に称していた氏を称する届」)が必要です。離婚届と同時に出すことで、離婚後も婚姻中の氏を名乗ることができます。
  3. 婚姻前の氏に戻った妻または夫は、離婚日から3か月以内であれば、届出(「離婚の際に称していた氏を称する届」)によって婚姻中の氏を名乗ることができます。
  4. 夫婦に未成年の子どもがいる場合は、夫か妻のいずれかを子どもの親権者に決めて届書に記載してください。
  5. 夫婦が離婚しても、子どもの氏は変わりません。子どもを離婚後の夫または妻の戸籍に入籍させる場合は、家庭裁判所で氏の変更許可の申請が必要です。

 

この記事に関するお問い合わせ先
茨木市 市民文化部 市民課
〒567-8505
大阪府茨木市駅前三丁目8番13号
茨木市役所本館1階(1~5番-1・2窓口)
電話:072-620-1621 
E-mail shimin@city.ibaraki.lg.jp
市民課のメールフォームはこちらから